KEEN(キーン )のジャスパーをレビュー!キャンプで履く靴はオシャレなのが1番! ~人気の定番アウトドアシューズを取り入れよう!~

   

芝の上に置いたキーンのジャスパー

Pocket
LINEで送る

0

先日、雨の中のキャンプでKEEN(キーン)のユニークを履いていたんです。

足が濡れても、スニーカーのように踵をしっかりとホールドしているので、とても歩きやすく、買って良かったなと思っていました。

しかし、

あっちゃん
臭〜い。。。

夜になって、寝ようとテントに滑り込んだ途端にどこからか異臭がするんです。

そう、キーンのユニークから、タダならぬニオイが漂ってくるんです。

いや。。。キーンのユニークだけではなく、自分の足がクサイんです。

普段ほとんど足がクサくならないと思っていた僕ですが、そのクサさに正直落胆してしまいました。

奥さん
うぇ〜〜。。。

寝ていた奥さんも起こしてしまう異臭が、自分から発せられているなんて考えたくもありませんでした。

多分、スニーカーでもサンダルでも長時間雨の中歩いていればクサくなるとは思います。

しかしユニークは水が入ってきた後、逃げ場のない水が素足でコネられ、普段以上にクサくなるんじゃないかと思うんです。

そう考えなきゃ、やってられません。。。

やっぱり雨の日は、少しでも濡れを防げる靴が良いのかなと思いました。

実は、キャンプ用に新しい靴の購入を考えていたんです。

気になっているのはメレルのジャングルモックとキーンのジャスパーの2つ。

どちらも人気のあるアウトドアシューズですよね。

メレルのジャングルモックは、脱ぎ履きしやすそうなので、キャンプで活躍するはずです。

キーンのジャスパーは、形が好みなんです。

色々と悩みましたが、今回はキーンのジャスパーを購入する事にしました。

まだ届いたばかりですが、レビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

KEEN(キーン)のジャスパーって

9種類のジャスパーが並んだ写真

出典:楽天

キーンのジャスパーは、長い間アウトドアシューズとして男女問わず人気がある靴です。

ソールが厚く耐摩耗性とグリップ性に優れているので、タウンユースでもアウトドアでも使えるし、リサイクルPUにコルクを混ぜ込んだフットベッドは、肉厚でクッション性に優れているんです。

アッパーには、天然皮革スエードを使用していて、肌触りがいい上に多少の雨になら強いんです。

そして何より、天然原料による抗菌防臭加工がされているので、ニオイを防ぐ事が出来るのが嬉しいですよね。

履き心地は、優しく包み込むような感じで評価が高いんです。

激しい登山には向いてないかもしれませんが、ハイキングやタウンユース、そしてキャンプにもおすすめのおしゃれシューズです。

KEEN(キーン)のジャスパーをレビュー

キーンのジャスパーには、色々のカラーバリエーションがあって悩んでしまいますが、今回は鮮やかなブルーの紐がカッコいいCATHAY SPICE/ORION BLUEを購入しました。

ジャスパーの靴ひも

地味な替え紐

KEEN(キーン )のジャスパーには、予備の紐が付いています。

そちらの紐の色は落ち着いた感じなのでブルーの紐が派手だと感じる方は、取り替えても良さそうです。

床に置いた青いひも

この靴ひもは、よく見てみると凸凹した形になっています。

これなら、紐がすぐに解けることもなく、しっかりと結ぶ事が出来そうです。

キャンプやタウンユースなら解けてもあまり問題はないのですが、登山などのアウトドアでは、靴ひもがほどけない方がいいですもんね。

どうせなら他のカラーの替え紐がないか調べてみたのですが、公式ページには黒色の紐しかありませんでした。

楽天には、ジャスパーに合うという紐も売られていましたが、少し細めの紐のようです。

気分転換に色を変えたいと思う方は、そちらを購入しても良さそうです。

KEEN(キーン )ジャスパーのつま先部分

つま先部分のアップ

KEEN(キーン )のジャスパーのつま先は、アウトソールが少し高めの位置まで来ています。

近づいてみると、横に溝が入っているのがわかりますね。

これは、クライミングシューズをモチーフにしているので、同じようなデザインになっているのだと思います。

実際につま先のグリップが効くかは、わかりませんが雰囲気は出ていますよね。

人口新馬の上に置いたジャスパーのつまさき

屋外でジャスパーを置いてみると、つま先が浮いているのがわかります。

この形があるので、少し歩きやすくなっているのかも知れませんね。

KEEN(キーン )ジャスパーのサイド

ジャスパーを横から見たところ

外側の側面からみてみると、青いステッチがキレイに入っています。

買う時に悩んだSILVER MINKでは、アッパーの色と同じステッチなので、あまり目立ちません。

どちらが良いか好みの問題ですが、僕的には。。。どっちも好きです(笑)

ステッチの下には、キーン のロゴマークが入っています。

あまり主張していなく、さりげなくあるのが良いですよね。

ジャスパーのサイド内側

逆に内側には、キーン のロゴマークは入っていません。

スティッチだけのシンプルなデザインですが、そこに好感を持てます。

KEEN(キーン )ジャスパー のヒール部分

左右のかかと部分

カカト部分は、アウトソールから伸びるベルトのようなデザインがされています。

これもクライミングシューズをモチーフにしているので、同じようなデザインになってあると思います。

しかしこの部分が、ヒールを固定しているという感じではなく、デザインとしてあるように思えます。

しかし、ジャスパーは履き心地がよく、ヒールもしっかりとホールドしてくれているのは間違いありません。

見た目には、頑丈そうで、耐久性がありそうですよね。

もちろんキャンプでは、ヒールのホールド感など関係ありませんが、日々のタウンユースでの使用でも歩き疲れしづらいと思います。

KEEN(キーン )ジャスパーのアッパー

ジャスパーを真上から見たところ

キーン のジャスパーのアッパー素材は、天然皮革スエード素材を使用しています。

触り心地は優しい感じで、多少の雨なら大丈夫なようです。

そして、紐がつま先付近から編まれています。

これは、よりホールド性を高めるレースシステムで、快適なアウトドアライフをサポートしてくれるようです。

足を入れるところから中を見たところ

内側はメッシュ素材になっていて、厚みもあり、履き心地が良いというのもわかります。

この裏側のメッシュ素材は、吸湿性に優れているようなので、蒸れを防いでくれるはずです。

KEEN(キーン )ジャスパーのシュータン

シュータンを持ち上げた様子

シュータンは、アッパーと同じ天然皮革スエード素材を使用しています。

柔らかく、足の甲に当たっても痛くなりにくいと思います。

シュータンの裏側の素材にもメッシュ素材が使われていますが、クッション素材は入っていないようです。

KEEN(キーン )ジャスパーのインソール

ジャスパーを上からのぞいた様子

ジャスパーを上から覗いてみると、厚みがありそうなインソールが敷かれています。

箱の上にインソールを置いてる

このインソールを取り出してみると、縁の部分が盛り上がっています。

そしてカカト部分には、厚みがありクッション性が高いのがわかります。

コルクを混ぜ込んだインソールの裏側

ひっくり返してみると、リサイクルPUにコルクを混ぜ込んでいるのがわかります。

一瞬、ゴミのように見えてしまいますが、安心してください大丈夫です(笑)

横から見ると踵が盛り上がってるインソール

横から見てみると、カカト部分が特に厚みがあるのがわかりますよね。

クッション性のないペタペタの靴だと、長い時間歩くと足が疲れてしまいます。

このジャスパーのインソールなら、長時間の使用でも安心して使えそうです。

そんなに歩くことの少ないキャンプでは、より快適に使えるハズです。

環境に配慮した素材でできたフッドベッドは、クッション性が高く、歩いていても疲れにくいと思います。

KEEN(キーン )ジャスパーのアウトソール

左右のアウトソール

ジャスパーのアウトソールには、耐摩耗性とグリップ性に優れたノンマーキングアウトソールが使用されています。

ノンマーキングと名前にあるのは、どうやら踏み跡を残さないって意味らしいです。

そうは書かれていますが、全く溝が無いというわけではなく、普通に溝あります。

ちゃんとした登山靴よりは、溝の深さは浅いと思いますが、ハイキングやタウンユースでの使用では、グリップ力を発揮してくれるバスです。

しかし、楽天のレビューには、マンホールの上にでは滑ると書かれていたので、慢心は危険ですね。

キャンプで履く靴としたら、問題ないと思います。

サイズ選び

屋外でジャスパーを置いて横から見た様子

キーンのジャスパーは、口コミやレビューを見るとワンサイズ大きめのが良いようです。

しかし僕の場合は、普段履いている靴がワンサイズ大きめのなので、いつもと同じサイズにしました。

履いてみると、ワンサイズ大きめでちょうど良い感じでした。

アウトドア用に厚手の靴下を履くようなら、さらに0.5cmあげても良いかもしれません。

横幅は、僕的にはナイキの靴と同じくらいに感じました。

ナイキとジャスパーを並べて上から見た様子

少しヘタってますが、ナイキのインターナショナリスト27.5cmと並べて置いてみると、ほぼ同じ大きさに見えました。

若干ナイキのインターナショナリストの方がつま先が長く見えますが、履いた感じはあまり変わらないような気がしました。

横から見た厚みは、ジャスパーの方がありました。

ナイキとジャスパーのアウトソールを合わせての厚みを確認

ナイキのインターナショナリストがヘタっているせいかもしれませんが、靴自体の高さはジャスパーの方があります。

ピレネースと並べて置いて前から

 

ちなみにキーンのピレニーズも27.5cmを履いていますが、ピレニーズの方がゆったりとした感じの履き心地です。

靴の種類自体違いますが、同じサイズでも履き心地は違います。

ピレネースとジャスパーを置いて上から見てみる

並べておいてみると、サイズは同じですがピレニーズの方が靴自体は大きいです。

デザインが違う靴なので何とも言えませんが、雰囲気は共通するものがあると思います。

KEEN(キーン) ジャスパー スペック

アッパー素材 スエード
ライニング メッシュライニング
アウトソール ノンマーキングカーボンラバー
重量 450g

まとめ

キャンプで履く靴に迷ったら、KEEN(キーン )のジャスパーがおすすめです。

多くのレビューの通り、履き心地が良く耐久性も高いように感じました。

よくメレルのジャングルモックと比較される事もありますが、ジャングルモックは脱ぎ履きがとても簡単で、ジャスパーは普通の靴とあまり変わりは無いように感じました。

多少の雨なら大丈夫そうだし、防臭加工もされています。

完全防水だはないので、全くクサくならないと言うわけでは無いですが、素足て履くサンダルよりもニオイの発生を防げるハズです。

キャンプに履くオシャレの靴をお探しなら、キーンのアウトドアシューズがおすすめです。

定番のジャスパーなら、間違い無いと思います。

キーンのピレニーズもレビューしています。


ファミリーキャンプランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

チャンネル登録お願いします!

 - キャンプ道具レビュー, , ,