ジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケットをレビュー!秋キャンプの服装はボアジャケットでオシャレ決めよう【PR】

   


Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

0

秋キャンプや冬キャンプって、寒くて大変そうというイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、ご飯は美味しいし、何よりオシャレを楽しむ事ができるんです。

特に秋キャンプなら、服を重ね着したりして、自分をアピールできますよね。

日差しが暖かい日中から、冷え込み始める夕方頃、そして寒い夜と、気温差が大きければ、その度に重ね着する事ができ、その違いも楽しむ事ができます。

そんな時、1つ持っておきたいアイテムがあります。

それは、ボアのジャケット。

毎年寒い時期になると人気が出ますよね。

今年は特に流行っているようで、色々な雑誌やネットで取り上げられています。

モコモコした見た目が暖かそうで、しかも可愛くておしゃれですよね。

キャンプの時の服装として、これ程似合うアイテムも少ないと思います。

そして今回紹介するのは、ジムマスターのボアジャケット。

これがまた、カラフルでおしゃれなんです。

しかも、リバーシブルで使えるのでとても便利なんです。

今回は、秋キャンプでジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケットを着てきたのでレビューします。

スポンサーリンク

ジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケット

ジムマスター

ジムマスターは、1916年にカナダのファクトリーブランドとして生まれたブランドです。

元々は、クラシカルなスウェットをタウンユースとして再構築し発信していますが、現在ではバッグや小物まで幅広く手がけています。

デパートやアウトドアショップでも、よく見かける事があるブランドですよね。

特徴としては、カラフルなデザインが多いと思います。

同じアイテムでも、カラーバリエーションが豊富なんです。

中でも、クレイジーと名付けられた柄は、色々な色を組み合わせた物になっています。

奇抜なデザインのようですが、それを着こなせばかなりオシャレになっちゃいます。

リバーシブルボア×タスロンフードジャケット

ブラックナチュラル

出典:楽天市場

ジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケットは、裏表両方使えるリバーシブルタイプのボアジャケットです。

ボア側を表にして着れば、今流行のモコモコで可愛らしいデザインです。

胸元には大きなポケットが付いていて、それがアウトドア感UPさせています。

タスロンナイロン側を表にすれば、防風対策とともに、内側がボアになって暖かく着ることができます。

現在カラーバリエーションは11種類、サイズはSからLLまであるので、女性から大柄な男性まで楽しむ事ができます。

ジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケットをレビュー

ボアジャケット

全体

今回提供していただいたのは、ナチュラル×ブラックカラーのLLサイズです。

サイズを少し大きめにしたのは、秋のアウターとして、インナーを着込んでも大丈夫なようにと考えたからです。

楽天市場の商品ページでは、身長168cmのモデルさんがLサイズを着ていました。

見た目に、大き過ぎる事はなく、ちょうどいい感じです。

身長183cmの僕がLサイズだと、流石に無理があるのかなと不安があり、いつもより大きなLLサイズにしました。

大きめだと、モコモコした感じになってしまうかも知れませんが、小さいよりは良いですもんね。

今回、ボア側はナチュラルカラー。

商品ページで見ると、少しクリーム色っぽい感じがしますが、実物はそれよりもホワイトに近い色でした。

ボア

ボア毛並み

ボアの毛並みの向きで、クリーム色やホワイト色と表情が変わります。

ボアの毛の長さは約5mm。

凄く柔らかくて、肌触りが良くふわふわです。

これが、思っていた以上に気持ち良いんです。

このボアが全体を覆っているので、見た目にも暖かそうです。

ポケットの中

ポケットの中も、このボアがあるので、手を入れると暖かくて気持ちが良いです。

胸ポケット

胸ポケット

ただ一ヶ所、ボアが無い部分は、胸のポケットです。

基本的に裏側のナイロンのカラーがポケットに使われている事が多いです。

ナチュラル×ブラックでは、ブラックのポケットが胸についています。

そこには、ジムマスターのボックスロゴマークもワンポイントとして入っています。

胸ポケットの中

もちろん、ポケット内側にはボアが付いています。

リブ

リブ

袖口と腰周りはリブ仕様になっているので、冷たい風の侵入を防ぐ事ができます。

キツく締め付けるようなリブではないので、着た時に窮屈感はありません。

そして左側の腰部分のリブ付近には、カラフルなループが取り付けられています。

このデザインが凄く可愛い感じがして好印象です。

しかし、使用用途が不明です。

カラビナとか引っ掛けてたりするのか、それともただの飾りなのか。

どちらにしても、ワンポイントとして素敵な感がします。

ジッパー

ジッパー

フロントのファスナーには、ジムマスターと書かれたのジッパープルが付いています。

少し長めのジッパープルは、引っ張りやすくて良いですよね。

手袋等をしていても、開閉しやすくなっています。

フード

フードリブ

フードの周りにもリブが取り付けられています。

この部分のリブは、ゴムで締め付けるというような感じではなく、飾りのような物だと思います。

フード部分のリブには、伸縮性はほとんどないので、フードをキュッと絞る事はできません。

ボア後ろ

フードは、側面と頭頂部の3つのパーツを縫い合わせています。

その為、立体的な形を維持しやすくなっています。

後ろから見た時に、フードの形を整えておけば、フードはしっかりとした形を保ち、ペチャンコになり難いんじゃないかと思います。

背後から見た時に、全体的にシンプルなデザインなので、フードが潰れていると、何となく安っぽく見えちゃいますよね。

ジムマスターのボアジャケットなら、フードの形を整えておけば、キレイなシルエットになるのが嬉しいです。

タスロンフードジャケット

タスロンフードジャケット

ボアジャケットを裏返したら、サラッとした肌触りのタスロン素材のフード付きジャケットとなります。

今回は、ブラックカラーだけを使った物なので、かなりシンプルな感じになります。

素材アップ

タスロンフードジャケットの素材は、網目が少し大きめな感じがします。

かと言って、ザラザラした感じはありません。

肌触りも良く、スッキリとした感じになると思います。

内側ボア

ボアを内側にすると、ボアジャケットの魅力は無くなってしまいますが、暖かさがアップする様に感じました。

モコモコした感触が内側に来るので、着た時の感触も違ってきます。

そして、ボアが熱を溜め込んでくれる為、かなり暖かくなります。

タスロンポケット内側

そして、ポケットの中にもボアになっているで、防寒対策はしっかりとできます。

リブは、ボアジャケットと同じです。

タスロンリブ

袖口と腰周りがリブ仕様となっています。

裏返した物なので、ボアジャケットの時と同じで、キツイ締め付け感はありません。

しかし、しっかりと風の侵入を防いでくれそうです。

フード

タスロンフード

ボアジャケットを裏返すので、当然のようにフードの内側にボアがきます。

その為、フードを被った時に、耳や頬にボアが当たり、その柔らかい感触が気持ち良いです。

タスロン側にしても、フードの立体感は保たれているのは良いと思いました。

サイズ感

ロゴ

今回は、少し大きめなサイズを選びました。

インナーを着込んでも余裕を持って着る事ができるようにです。

身長183cmでLLサイズにしましたが、大き過ぎると感じる事はありません。

アウターとして、ちょうど良いサイズ感ではないでしょうか。

タイトに着たいという方は、普段のサイズにしても良いかも知れません。

168cmのモデルさんがLサイズを着ているので、ちょっとビックシルエットの方が様になるデザインだと思います。

デニムに合わせみた

デニムにボアをあわせる

ジムマスターのボアジャケットをキャンプに行って着てきました。

まずはデニムに合わせて着てみます。

今回履いていたデニムは、濃くもなく薄くもないスタンダードな色だと思います。

ナチュラルカラーでは、デニムのブルーと良く合うように思えました。

デニムボア後ろ

デニムはレギュラーフィットといった感じです。

ボアジャケットにボリュームがあるので、タイトなパンツを避けてみました。

タスロンデニム

裏返して、タスロンナイロン側で着てみます。

シンプルなブラックは、デニムにも良く合います。

ボアジャケット側よりも、上半身のボリュームが抑えられているように見えます。

タスロンデニム後ろ

ちょっとシンプル過ぎて、遊び心が足りないような気もします。

そんな時には、クレイジーカラーを選べば、もっとカラフルに楽しく着ることが出来ると思います。

太めのコーデュロイに合わせみる

コーデュロイボア

次に、太めのコーデュロイ素材のパンツと合わせてみます。

このパンツは、ユニクロの物です。

このパンツだと、全体的にボリュームがアップしたように見えます。

パンツ自体ビックシルエットと言うほどではないのですが、ゆったりとした感じになります。

コーデュロイボア前開き

ただ、僕のように少し太り始めた体型を気にするのなら、余計に太めに見えてしまうので、パンツはもう少し細い方が、僕的にはスッキリと見えて良いと思いました。

タスロンコーデュロイ

タスロンフードジャケット側とコーデュロイ素材のパンツを合わせて見ると、色が近いのでメリハリが無い感じになってしまいます。

若くて細い方なら、もう少しオシャレに着こなせると思います。

ジムマスター リバーシブルボア×タスロンフードジャケット スペック

サイズ(着丈/肩幅/身幅/袖) S=63.5/40/50/64cm
M=66.5/43/53/65cm
L=69.5/46/56/66cm
LL=72/49/59/68cm
素材 表地:ポリエステル100%
裏地:ナイロン100%%

まとめ

ジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケットをレビューしました。

今流行のボアジャケットをキャンプに着ていきたいですよね。

ボアジャケットと言ったら、パタゴニアやノースフェイスフェイスにもありますが、ジムマスターなら、比較的低価格で購入できるのが嬉しいです。

それでいて安っぽくなく、ちょうど良い価格帯ではないでしょうか?

アウターとして着る時には、大きめのサイズがおすすめです。

インナーを着込んでも余裕が持てると思います。

更に寒くなればリバーシブルなので、裏返して着ればかなり暖かくなります。

サイズはSサイズからあるので、女性の方にもオススメです。

ジムマスターのリバーシブルボア×タスロンフードジャケットはなかなか良い感じでした。

 

こんな記事も書いています。


ファミリーキャンプランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

チャンネル登録お願いします!

 - キャンプ道具レビュー, ファッション, , ,

テキストのコピーはできません。