ブーツを履いて座っている様子

BASEリンク

オンラインショップ枠改

Kindle

Kindle本広告

キャンプ道具レビュー

GRIP SWANY×atmos×CROCSのClassic All-Terrain Clog(クラシックオールテレインクロッグ)の紹介とレビュー!トリプルコラボで誕生したブーツみたいなサンダル!デメリットはあるの?

更新日:

キャンプには、アウトドアシューズが欠かせないですよね。

夏には着脱しやすく通気性の良いもので、突然の雨や釣りや水遊びなどに対応できるよう速乾性が求められます。

また滑りにくい素材であることも条件に入ってきます。

冬は焚き火を楽しむ人も増えるので難燃素材だと安心です。もちろん、足元からの冷えを防ぐ為に、防寒性や雪に備えた耐水性も必要になってきます。

このように、季節によってアウトドアシューズは選びましょう。

ゆーちゃん
スニーカーでいいじゃん!

あっちゃん
もちろんそれも良いけどね。

もちろん普段履きのスニーカーでも良いのですが、キャンプにアウトドアシューズを履けば、普段と違った雰囲気で気分が上がりますよね。

SNSや雑誌で話題の商品を見つけたり、お店で実物を見て購入意欲を高めたりして、それらをネット通販で口コミを調べることも楽しいですよね。

そんな事をしていると、アウトドアでも人気のクロックス(Crocs)から、ちょっぴりごつくてカッコよく、どこか愛嬌も感じる冬用アウトドアブーツが発表・販売開始されるのを知りました。

それがグリップスワニー(GRIP SWANY)×アトモス(atmos)×クロックス(Crocs)のトリプルコラボシューズで、クロックスから既に販売されている「Classic All Terrain Clog(クラシックオールテレインクロッグ)」というサンダルをさらにパワーアップさせた1足なんです。

これに一目惚れ。

抽選に申し込み見事当選したので、今回はそのレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

GRIP SWANY×atmos×CROCS 「All-Terrain Clog」はどんなサンダル?

キャンプにクロックス?

キャンプにクロックス

出典:atmos

子どもから大人まで幅広い年齢層に愛されるクロックスは、脱ぎ履きが楽で足にフィットして歩きやすく、アウトドアやキャンプでも大人気ですよね。

特に夏のキャンプにおすすめな、アウトドアサンダルの代名詞の1つとも言えるんじゃないかと思います。

まーくん
クロックスかキーンのどっちかって感じだよね。

あっちゃん
個人的にはキーンをよく使ってるよ。

このクロックスには「クロスライト」と呼ばれる素材が採用されていて、水中でも通常時とほとんど変わらない履き心地が得られるので、川遊びや海、湖での使用もおすすめなんです。

流木や尖った石などの足元の危険を考えると、サンダルは履いたまま遊ぶことが推奨です。

しかもクロックスは乾きやすいといった特徴も持ちます。

クロックスは夏だけおすすめなのかと言えばそうでもなく、クロックスのいい意味でゆるい履き心地を冬でも楽しめるよう、ボア付きのライナーが使われた冬向けクロックスもあります。

クロックスは丈夫で履き心地がよく、夏も冬も大活躍。

そんな事から、キャンプ場で敢えてクロックスに履き替える人もいるそうです。

キャンパーさんの間でも、口コミでも人気のクロックスなのですが、2022年秋にさらにとってもかっこいい、アウトドア用クロックスが発表されたんです。

この秋登場!グリップスワニー(GRIP SWANY)×アトモス(atmos)×クロックス(Crocs)のトリプルコラボブーツ!

トリプルコラボ

出典:atmos

1848年に誕生したアメリカの老舗アウトドアブランドであるグリップスワニー(GRIP SWANY)。

このブランドが各種スポーツブランドのスニーカーを多く取り扱い、自社ブランドとしてファッションアイテムやオリジナルスニーカーを展開するatmosと組んでGRIPSWANY x atmos animal GEAR SHORTSや、atmosアパレルよりT-SHIRTを展開したのは記憶に新しい人も多いと思います。

今回はさらにクロックスをも巻き込んでトリプルコラボ商品を発売したんです。

ゆーちゃん
えっ!グリップスワニーとamosだけでも気になるのに!

それがGRIP SWANY×atmos×CROCS 「Classic All-Terrain Clog(クラシックオールテレインクロッグ)」なんです。

10月末〜11月に先行抽選販売が行われ、買えずに涙を飲んだ人もいるかもしれません。

僕も抽選に申し込んで、運良く当選。

GRIP SWANY×atmos×CROCS 「Classic All-Terrain Clog」が一体どんなブーツ(サンダル)なのか詳しく紹介します。

トリプルコラボClassic All Terrain Clogとはどんなシューズ?

クラシック オール テレイン

出典:楽天

そもそもClassic All Terrain Clog(クラシック オール テレイン クロッグ)とは、すでに知っているという人も多いと思いますが、クロックスから販売されているサンダルです。

軽量なクロスライトTM素材を全面に採用することで、軽い履き心地とクッション性を実現した一体成型クロッグに、滑り止めの効果のあるラグソールを採用しています。

クロックスのサンダルは、人気が高い反面滑りやすいとも言われているので、このラグソールの採用は嬉しいキャンパーさんも多かったと思います。

アウトソールは頑丈で、調整可能なターボストラップが不安定な足元もしっかりおさえて歩きやすくなっています。

サイドの通気口が内部に篭る熱気を逃し、水捌けもよいことからキャンパーにも愛されるアウトドア用シューズとして人気があるんですよ。

ゆーちゃん
街履きとしても使っちゃうよ。

あっちゃん
夏は履きたくなるよね。

ジビッツチャーム

出典:楽天

もちろん靴に開けられた穴に、ジビッツ™ チャームを飾ることで自分だけの一足を簡単につくることもできます。

このクロックスの定番と言ってもいいClassic All Terrain Clogと、アウトドアの老舗ブランドのグリップスワニー、おしゃれなファッションブランドatmosが、今回トリプルコラボして超かっこいいブーツをつくりあげたんです。

外観

それがまた機能性もいい上にカッコいいんです。

軽くて丈夫で歩きやすく防臭性にも優れたクロックスの定番素材「クロスライトTM素材」を使用しているので、水捌けも良い。

その為、水辺で遊んだりしてそのまま焚き火の時もと、キャンプ中にずっと履きっぱなしにで色々と使っている人も多いと思いますが、実はこの素材熱に弱いんです。

まーくん
なんとなくそうとは思ってたけど・・・

あっちゃん
熱に弱いってちゃんと言われると「でしょうね」って納得だけどちょっとショックかも。

イージーケアで脱ぎ履きもしやすいため、冬場もちょっとそこまでと履いていきがちなんですが、実際のところ冬場のクロックスって寒いという問題がありますよね。

そこでトリプルコラボ商品の「Classic All Terrain Clog(クラシックオールテレインクロッグ)」には、アッパー部分とシャフト(ブーツの筒)部分にグリップスワニーお馴染みの難燃素材「BLAZE SHIELD」で作られたカバーが取り付けられているんです。

内側のボア

ちなみにシャフトの裏には、たっぷりのボアがついているので冬の寒いキャンプ場でも暖かく過ごせそうです。

ただ、元々がクラシックオールテレインクロッグなのでインソール部分は、サンダルと同じになっています。

先日の冬キャンプに靴下でこのクラシックオールテレインクロッグを履いたのですが、少しツルツルした感じが普通のブーツやスニーカーとは違って歩きにくさを感じました。

クラシックオールテレインクロッグのサイズが1cm単位であったことも影響があり、いつもよりちょっと大きめのサイズだったのでホールド感が弱かったんです。

ベルト

しかしそれは、くるぶし付近にあるベルトを締める事で、多少は解決します。

とは言っても、ベルクロの範囲が意外と狭かったので、キツキツには調整することはできません。

それでも調整するのとしないとでは歩きやすさに差が出るので、大きめに感じた方は絶対に調整するのが良いと思います。

ベルトを締めて調整することによってシワができてしまうので、シルエットがちょっと崩れてしまうのが残念でした。

冬により暖かく、またインソール部分が大きくて滑ると感じる方は、中敷きを別途購入して敷いておくのが良さそうです。

ジップの開閉

難燃素材のカバーがあれば、焚き火の側で履いていても安心ですよね。

ちなみにこのアッパー部分は、フロントのジップによってカバーを開き固定することもできます。

爪先部分から左右で別れているので、それぞれジップをサイドに開いていくと上方向に持ち上げることができるよになります。

オリジナルシビックチャーム

開くことで見えるクロックスのジビッツホールには、このトリプルコラボオリジナルのジビッツが付属しているという、遊び心満載のにくい演出があるんです。

この難燃素材のカバーは、取り外すのではなく、このように持ち上げて開くようにして使います。

ゆーちゃん
それだとバタついちゃうじゃん。

あっちゃん
それは大丈夫だったよ。

足元のDカン

そこで足首辺りにあるDカンに、カバーの下側にあるフックを引っ掛けるんです。

これで、難燃素材のカバーがバタつくこともなく、またシューズの換気も容易にすることができるようになります。

つま先の触覚

このジップの部分は、閉じている状態だと虫の触覚っぽくも見えますが、ここは敢えて気にしないようにしましょう。

正直言えば、一度履いてしまえば、個人的にはあまり気にならなくなりました。

サイドのライト

サイドには2段階点灯のライト、ヒールにはバックポケットや持ち運ぶとき便利な取り外し可能のヒールロープも配置されています。

2段階点灯のライトは、常時点灯と点滅の2段階。

フットライト点灯

真っ暗なキャンプ場でライトを点灯させれば、居場所がすぐに分かって安全かも。

ただ1人で点灯させているとちょっと恥ずかしかったので、すぐに消しちゃいました。

ヒール

ヒール部分のバックポケットやとヒールロープは、今の所あまり出番がありませんでした。

ポケットには何を入れて良いのか思い浮かばず、何かを入れておいたとしても脚に当たったりと干渉してしまいそう。

そして、靴を持つ時にはヒールロープを使わなかったです。

なので、あくまでデザインの1部と認識しておくのが良いのかも知れません。

アウトソール

クロックスの滑りやすさも、Classic All Terrain Clogに装備されている滑り止め効果のあるラグソールにより解消。

夏向けのシューズとして定番のクロックスは、このようにアップデートしたことで、冬でも使えるブーツへと大変身したんです。

GRIP SWANY×atmos×CROCS 「All-Terrain Clog」はどんな人におすすめ?

タウンユース

出典:atmos

高い性能、無骨なアウトドアギア感を漂わせる風貌。

しかし各所に配置されたおしゃれなロゴやタグ、クロックス独自のころんとした可愛らしいシルエットをも持つこのシューズは男女問わず幅広いキャンパーさんに愛される1足となるはずです。

クロックスのゆるい履き心地と暖かさ、難燃素材を使用することで焚き火のすぐ側でも履いていられる安心感もおすすめポイントの1つ。

またタウンユースもできるデザインとなっているので、キャンパーさんだけでなくアウトドア風ファッションを楽しむ人にもおすすめの一足です。

メリットとデメリット

歩く様子

メリットは、もちろんカッコいいデザインの良さ。そしてゆるい履き心地とキャンプでも使える難燃素材。

クロックスの魅力に、さらにデザイン性が追加されたことにより、ファッション性も高めてくれていると思います。

逆にデメリットは、そのメリットにもなったゆるい履き心地。

これについては好き嫌いと好みが分かれると思いますが、中敷きを追加することで、ゆるさを軽減することができると思います。

個人的には、開封直後のニオイが凄く気になりました。

中国から購入した商品にたまにあるのですが、魚臭いような何とも言えない臭さがあったんです。

1日日干しすることで多少軽減し、さらに数日放置したらニオイはなくなりましたが、ニオイに敏感な方にはキツイ出来事になってしまいそうです。

メリット

  • デザイン性が高い
  • ゆるい履き心地で楽に履ける
  • クロックスでもブーツとして秋冬キャンプに使える
  • 難燃素材なので焚き火の近くで使える
  • 足元が蒸れたらアッパーを開けて通気性を高められる
  • ライトで居場所が分かり暗い夜道でも安心
  • 滑り止め効果のあるラグソール

デメリット

  • 開封時に魚臭さがある
  • ブーツなのにサンダルのようにゆるい
  • インソールが冷たく感じるかも

GRIP SWANY×atmos×CROCS 「All-Terrain Clog」のサイズ・カラー展開と価格

置いてあるブーツ

GRIP SWANY×atmos×CROCSでのトリプルコラボのAll-Terrain Clogのカラーは、オリーブとブラックの2色展開です。

サイズは23〜29cmまで1cm刻みになっています。

先行発売での販売抽選期間は各メーカーではすでに終了済です。

一部店舗ではサイズやカラーによってはまだ在庫があるところもあるようなので、欲しい方はお早めに。

価格は14,300円となります。

まとめ

キャンプに欠かせないアウトドアシューズやブーツ、そしてアウトドアサンダル。

水捌けがよく乾きやすくクッション性が高く歩きやすい、しかも丈夫で脱ぎ履きがしやすいクロックスはキャンプ場の定番。

クロックスは滑りやすさにおいて危険視もされていますが、Classic All Terrain Clogは滑り止めにラグソールが採用されているので、滑りやすさも多少軽減されるはず。

こんな「Classic All Terrain Clog」が今回有名人気ブランドのグリップスワニー(GRIP SWANY)」、おしゃれなファッションブランド「アトモス(atmos)」とトリプルコラボをしたんです。

いい意味で緩い履き心地のクロックスは、その通気性の良さから正直言って冬は寒いと感じる人がほとんどだろうと思います。

しかもクロックスの表面に使われている素材は、熱にも弱いので焚き火の近くはちょっぴり心配な人もいるんじゃないでしょうか。

トリプルコラボの「Classic All Terrain Clog」は、グリップスワニー定番の難燃素材「BLAZE SHIELD」をアッパーのカバーとシャフト(ブーツの筒)部分に使用しています。

このアッパーカバーはめくれて固定することができるんですが、そうして見えるクロックスのジビッツホールにはこの製品オリジナルのジビッツが付属しているんです。

難燃性や暖かさといった冬キャンプ向きの機能性の高さ、どこか無骨でゴツい見た目に反して、こうした遊び心がにくいこのブーツ。

ブラックとオリーブの2色展開で14,300円。

公式通販ではすでに抽選先行販売を終えましたが、一部の通販サイトではまだ購入できるところもあります。

気になる人は是非チェックしてみてください。

ちょっと調べてみると、ZOZOTOWNCROCS公式atomosに少し在庫がありました。

関連記事

冬キャンプでは足元の防寒にテントシューズを履こう!選び方とメリットはこれ!おすすめ商品7選!!

冬キャンプの足元には温かいウィンターブーツ!もこもこが保温性が高くておすすめ!グリップ力のあるスノーブーツも!気になるおすすめブーツ9選!!(2020年冬)

おしゃれなあの人も履いている?!キーンのピレニーズはタウンユースでもカッコイイ!~履き心地やサイズはどんな感じ?購入レビュー~

もはや夏のキャンプの定番?!大人気KEENUNEEK(ユニーク)をレビュー!!~サイズ感や履き心地はどうなの?~

KEEN(キーン)のユニーク HT(エイチティー)をレビュー!暑過ぎないこの季節にピッタリ!サンダルなのにスニーカーっぽい?!~サイズ感や履き心地は?~

KEEN(キーン)のユニーク スニーク スライドをレビュー!キャンプもオフィスも暑さ対策に風通しがよくて涼しいサンダルで快適に!【PR】

KEENのNXIS EVO MID WP(ネクシス エヴォ ミッド ウォータープルーフ)をレビュー!キャンプで最軽量の防水シューズを体感してきた!メリット・デメリットも紹介【PR】

トレッキングシューズを履いてキャンプでおしゃれに決めよう!普段履きにも使えるローカット・ミドルカット・ハイカットのおすすめのシューズはこれ!

キャンプ靴におすすめのKEEN(キーン)のTempo Flex(テンポフレックス)WP MIDをレビュー!軽量で完全防水しかも足への負担を軽減してくれるメッチャ高性能なスニーカー【PR】

SUBUのサンダルは本当にキャンプに最適?2020年凸凹シリーズの新色をレビュー!暖かくて履き心地が良いと評判のサンダルを秋キャンプで履いてきた!!


登山・キャンプランキング

The following two tabs change content below.
東京都の片隅に住む40代のおじさんです。 妻と高校生の長男、小学生低学年の娘と仲良く暮らしています。 キャンプ歴は27年以上と長いのですが、本格的に道具を集めだしたのは、ここ7年ぐらい。 物欲ばかり先行するなかで、いかにいい道具に巡り合えるか、いろいろとネットで調べまくっています(笑) どうか気軽にお楽しみください。 そしてみなさまの参考になるブログになれば良いなと、日々頑張っているつもりです。 株式会社スワニー様にご協力いただき、コラボキャンプグローブ販売中です。 静岡お茶の第三のご協力で、コラボアウトドアドリップティー販売中です。 ・キャンプブログ歴7年目 ・ライフスタイルブログ歴6年目 ・ソロキャンプブログ歴2年目 ・WEBメディアPicky'sの記事監修 ・手袋のスワニー公式アンバサダー ・スタークR公式アンバサダー ・Makuakeアンバサダー ・pipin公認アンバサダー ・EXPLAZA公認エキスパート ・キャンプクエスト公式ライター ・CAMPOUT提携ライター をさせていただいております。

関連広告

-キャンプ道具レビュー,
-, , ,

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2023 All Rights Reserved.