ママの機嫌を左右するツーバーナー!キャンプに持って行くには これがおすすめ。

      2017/08/08


Pocket
LINEで送る

1+

キャンプでツーバーナー使ってると、こなれた感じがして良いですよね。

「もう初心者じゃありませんよ」みたいな。

えっ・・・!

そんなつもりで ツーバーナー使ってる訳じゃないの・・・? 便利だから・・・?

そう、ツーバーナーがあれば色々と便利なんです。

ライスクッカーで、ご飯を炊きながら隣でカレーを温める。

同時に料理が進行できるから、とても便利。

ツーバーナーが無いと

「ねぇママ、お腹空いた〜」

「ちょっと待って、今ご飯炊いてるから」

「ママ、まだできないの〜」

「ちょっと待って、今カレー温めてるからっ」

「ねぇ~まだ~」

「待っててっ!💢」

なんて、せっかくの楽しいキャンプなのに、ママの機嫌を損ねる結果になりかねません。

 

スポンサーリンク

おすすめツーバーナーと その火力

せっかくツーバーナーを持って行ったのに火力が低くて、ノロノロとしちゃうと少し興ざめ。

どうせなら、ゴォーと強火で短時間で調理。

お湯だって、火にかけてからすぐに沸いてほしい。

と、僕は思っちゃうんですよね。。。

なので、出力は3000kcal/hは欲しいところ。

あの強火で、ゴォーって音を立てる感じが欲しいんです。

という訳で、出力3000kcal/h以上あって、しかも値段が高すぎない、おすすめツーバーナーを、紹介したいと思います。

PRIMUS(プリムス)  オンジャ

PRIMUS1出典:Amazon

プリムスのオンジャ、見た目がかっこいいですね。

今ツーバーナーで、一番欲しい商品です。

出力は、4.1kW/3500kcal/h×2(プリムスのハイパワーガス500T使用時)

あるので 申し分ありません。

付属のオーク材のウッドボードとの組み合わせが良い感じ。

そのウッドボードは、鍋敷きにもなるし、収納時はゴトクの上に置いて蓋の役割をします。

でも。やはり人気があるのか探してみたけど、在庫がショップはありませんでした。

見つけたら、即買っちゃいましょう。

定価は2万円です。

 

コールマン パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 レッド

colemanp1出典:Amazon

コールマンのパワーハウスLPツーバーナー、以前はグリーンしかなかったと思ってたのですが、2015年にレッドが登場。

グリーンもありますが、僕はレッドがおすすめ。

なぜって?

赤が好きだからです。。。

だけじゃなくて、ワンポイントになるし。。。

最高出力は、7000kcal(3500kcal×2)(レギュラーガス最大出力時)

片側3500kcal/hあり十分なパワーを持っています。

しかも、値段も1万円弱で買えるので手が出しやすいですね。

ガスの点火は、同社のノーススター2500LPガスランタンと同じく、ガスを開栓しながら火花を散らすタイプです。

ノーススター2500LPガスランタンを使用していて燃料を揃えるなら、LPツーバーナーがおすすめ。

収納時は薄さが7cmとコンパクトになり、持ち運びが簡単です。

 

 

UNIFLAME(ユニフレーム) ツインバーナー US-1900

uniflame出典:Amazon

ユニフレームのツインバーナー。

これは アウトドアショップのWILD-1の店頭で見て以来、本当に欲しくてたまらなかったものです。

今まではバーナーって言ったら、コールマンのガソリンのパワーハウスツーバーナーが頭にあった僕には、全身がシルバーの光沢は眩しく感じ、絶対欲しいと息巻いていたけど。。。予算が。。。

出力は、プレミアムガス使用時で3900kcal/h×2。

レギュラーガス使用時で、3000kcal/hあります。

プレミアムガス使用時の火力がハンパ無いですね。

ガス缶って長時間使っていると、ドロップダウンが起こります。

缶の温度が下がって、ガスを気化できなくなり火力が弱くなっちゃうんです。

そのドロップダウンを防ぐために、ブースターが付いています。

燃焼部分の熱を、熱伝導率がいい銅製のブースターでカセットボンベに伝え温めて、出力低下を防ぐ役割をするんです。

他にも本体の左右に風防があって便利だし、汁受けは前方傾斜になっていて、こぼれた汁などが手前に集まって掃除がしやすいし、独特な形状のゴトクは強度もあり小さい物でもほとんどの物が乗せる事ができるんです。

良い所だらけですね。

だからやっぱりみなさん欲しくなっちゃうのかな。

キャンプ場では、かなりの確率で持っている人を見かけますね。

キャンプを始めたら、誰もが憧れちゃうツーバーナーなんですよね。

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

soto出典:Amazon

SOTOのハイパワー2バーナー。

定価こそ、そこそこするけど実勢価格は、1万3千円ちょっとなので手が出しやすいです。

市販のカセットガスが使えるので、ランニングコストも良さそう。

問題の出力は、SOTOのハイパワーガスST-760を2本使用時で、5.6kW(4800kcal/h)あります。

SOTOの面白いところは、従来のように1本のボンベから1つのバーナーにガスを供給するのではなくて、常に2本のボンベから同時に、各バーナーへガスを供給するシステムを取っている所。

このシステムにより安定した火力が保て、しかもドロップダウンを抑制するようです。

どうしても低温時や連続使用時のドロップダウンは対策が必要です。

ユニフレームと違って、パワーブースターは別売りです。

合わせて購入すると 1万5千円超えちゃいます。

夏だけ使用するようなら、ブースターはそこまで必要にならないのかな。

キャプテンスタッグ ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ M-8249

cap

出典:Amazon

キャプテンスタッグ のガスバーナーコンロの良いところはまず、安い。1万円以内で購入できます。

それでいて、出力は3000kcal/h×2。

僕の希望ギリギリですが、ちゃんと仕事はしてくれそう。

収納時の厚みとか、デザイン的にはどうかなと思う所もありますが、同じ火力で3万円も4万円もするものを購入するよりは 良いかなと思います。

まあ考えは人それぞれですけど、入門編的にはおすすめですね。

夏-まとめ

キャンプにあると とても便利なツーバーナー。

ランタンなどと燃料を統一すれば荷物もかさばらないで済みます。

なんて言いながら、我が家はガソリンランタンもあるし、LPガスランタンも、そしてカセットガスのガスコンロも持って行きます。

3種類の燃料がありますが、「まあ、それはそれで」と割り切って使っちゃってます。

車なんで、燃料をひとまとめにしておけばそんなにかさばらないし。。。

って、自分に言い聞かせてるんですけど。

選ぶ時の基準は人によって違うと思いますが、やっぱり火力とデザイン。

そのあと燃料かな。。。僕は。

今、買わなきゃいけないとするとプリムスのオンジャが 一番欲しいけど、在庫がないのでコールマンのパワーハウスLPツーバーナーが、火力もそこそこあり、お手頃で良いかな。

コールマンにしろユニフレームにしろ みんな持っているので特別おしゃれという感じはしませんが、持っていると、とても便利なので キャンプに少しこなれてきた感を出したい、あなた!

(・・・これが目的じゃありませんよね)

または、ママの機嫌を損ないたくない、あなた!

(これも目的じゃないですよね)

ぜひ 購入を検討してみてはいかがですか?

初心者の方も、あれば便利ですよ。

ツーバーナーを置くのにはキッチンスタンドはいかがでしょう。

ツーバーナーを置くのにはやっぱり、コールマンのキッチンテーブルでしょう。

ファイナルファンタジー15でも、使われていましたよね。


登山・キャンプ ブログランキングへ

 

 

 

 

1+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - BBQ・キッチン・調理道具 , , , , , , , , , ,