BASEリンク

BASEリンク

テント・タープ関連 初心者

初心者キャンパーさん、タープはこう選びましょう!

更新日:

テントは買って、あれもこれも揃えたけどタープってどうしよう?

そろそろタープを買いたいけど、何にしていいか迷っちゃうって悩んでいませんか?

タープは結構高い買い物なので、慎重に決めたいところです。

でも、タープって色々種類があってよくわからないですよね。

そんなあなたに、簡単にタープ選びのヒントを教えちゃいます。

スポンサーリンク

タープの役割

タープって、快適なリビング空間をつくる為に必要なアイテムなんです。

キャンプやに行けば、テントよりタープの下で過ごす時間が多いはず。

特に夏のキャンプなら、テントの中に引き籠っていたら、暑くて暑くて大変です。

強い日差しを避けたり、雨をしのぐための屋根のような役割をします。

そして、その下にイスやテーブルを置いておしゃべりしたり、ご飯を食べたりしますよね。

タープを持っていれば とても便利に使えるものなんです。

タープの種類

タープの種類って大きく分けて2つあります。

スクリーンタープという全天候に対応し一般的に4面すべてがメッシュにできるタイプと、オープンタープというどこからでも入れる抜群の開放感あるタープ。

では、スクリーンタープの特徴は?

①スクリーンタープ

スクリーンタープ

出典:楽天

一般的なスクリーンタープは、外側にテントと同じ生地のドアパネルがあり、その内側にメッシュのパネルが張られています。

ドアパネルがある時には、雨や風が防げ、秋・冬のキャンプ時には、冷たい風を防いで暖かい空間を保ってくれます。

ドアパネルを開ければ4面メッシュになり、通気性を確保しつつ蚊帳の役割をはたし虫の侵入を防ぎます。

ここまで聞けば良い事だらけなのですが、デメリットもあります。

夏場は、メッシュにしても暑く、熱がこもります。

意外に風が抜けないんです。

入口から、虫が侵入してしまうと追い出すのに一苦労なんてこともあります。

あと設営が少し大変です。

大体は2本のフレームをクロスして立ち上げるような感じだと思いますが、テントをもう一つ立てるとまではいきませんが、少々手間がかかります。

まとめるとこんな感じです

スクリーンタープのメリット

○雨風を防げる

○プライベート空間を保てる

○蚊帳のかわりになって虫の侵入を防ぐ

○テントと連結出来るものもある

スクリーンタープのデメリット

○メッシュにしても夏は暑い

○解放感があまりない

○設営に少々手間がかかる

○収納時は大きくなってしまう

○もし虫の侵入を許したら追い出すのが大変

スクリーンタープの設営の仕方

こんな感じのスクリーンタープも可愛いですね

おすすめです。

②オープンタープ

一枚の布で屋根を形成する オープンタープにはいくつかの形があります。

ヘキサ型

コールマン タープ XPヘキサタープ

出典:楽天

六角形の形をしたヘキサタープで2本のポールで立ち上げるため設営が簡単で、解放感がある空間が作れます。

慣れれば1人で10分もかからないうちに設営できちゃいます。

風通しも良いので、夏のキャンプにはおすすめです。

同じように、ウイング型のタープもあります。

ヘキサタープが六角形なのに対し、ウイングタープはひし形です。

ひし形なのでペグを打つ本数も少なくてすみます。

ヘキサ型オープンタープのメリット

○解放感がある空間がつくれる

○風通しがいい

○設営が簡単

○アレンジ次第でいろいろな張り方が出来る

○収納時はコンパクトになる

ヘキサ型オープンタープのデメリット

○雨が吹き込む

○設営するには広いスペースが必要

○強風には弱い

○冬は寒い

例:コールマンのヘキサタープの設営

レクタタープ

レクタタープ

出典:楽天

レクタタープは、生地の形は四角形です。

六角形のヘキサタープや、ひし形のウイングタープに比べたら、日陰となる有効面積が広くとれます。

設営は、真ん中2本のメインポールと四隅にサブポールを使用するので、合計で6本のポールを使用します。(アレンジの仕方でポールの本数は変わります)

その分、設営時間が掛かってしまいます。

天井部分が高い分、大きな開放感が得られます。

ポールが6本なので、張り方のバリエーションも多く多彩に楽しめます。

レクタタープのメリット

○かなりの開放感が得られる

○有効面積が広い

○張り方のバリエーションが多彩

○風通しが良い

レクタタープのデメリット

○ポールの本数が多い

○設営に多少時間がかかる

○設営するには広いスペースが必要

○冬は寒い

例:スノーピーク HDタープ・レクタL設営方法

他に気になった商品は、テンマクデザインのレクタタープ。

コットン素材だから、火の粉で穴が開きにくい。

テンマクデザインの商品は人気が高いので、売り切れに注意ですね。

タープをhinataレンタルで借りて試してみるのもおすすめ

hinataレンタル

タープ

出典:hinataレンタル

それでもタープをどう選んだらいいか、やっぱりわからないという初心者の方も多いと思います。

どれが良いのか分からないのに購入するのって、ちょっと勇気がいりますよね。

そんな時は、hinataレンタルでタープを借りちゃえば、どれが自分に合うか試す事ができちゃいます。

hinataレンタルでは、6種類のタープの中から選んでレンタルする事ができます。

スクリーンタープはないのですが、ヘキサタープやレクタタープといった、人気の高い種類のタープをレンタルする事ができます。

タープって、値段はピンキリなのですが、ちゃんとしたタープを買おうとしたら1万円〜4万円と、意外に高かったりします。

初めてのキャンプやバーベキューに、いきなり値段の高いタープを買うのはハードルが高いですよね。

まずは一度、借りたタープを使ってみてから、自分にあったタープを買ってみても良いと思います。

公式オンラインストア

レンタルの仕方

流れ

出典:hinataレンタル

hinataレンタルでは、自宅に配送してもらう以外に、キャンプ場へ配送してもらう事もできます。

どちらも前日には自宅やキャンプ場に届くので、後はキャンプで使ったら返却するだけです。

キャンプ場に配送する場合は、返却もキャンプ場からする事ができちゃいます。

これなら忘れずに済むので良いですよね。

自宅に配送した場合も、集荷手配はhinataレンタルでしてあるので、配送業者が取りに来るのを待つだけです。(配送センターへ持ち込む事もできます)

レンタルはスマホやPCから簡単にできるので、手間がかかる事もありません。

凄く簡単にレンタルする事ができるhinataレンタルで、まずはお試しでタープを使ってみるのも良さそうです。

気になった方は、hinataレンタルの公式ページをチェックしてみよう!

↓↓



まとめ

まとめの顔

キャンプ道具をある程度揃えたら、そろそろタープの購入を迷いますよね。

夏に多く使うのか、虫が嫌なのか、開放感を得たいのか、はたまたプライベート空間が欲しいのかにより選ぶタープが決まってきます。

タープがあれば、熱い日差しを遮り涼しい日陰を作ってくれ、そして快適なリビング空間を手に入れることが出来ます。

是非、目的に合ったお気に入りのタープを見つけて楽しいキャンプを楽しんでください。

急な天候の変化にも 困りませんよ。

今なら、焚火に強いポリコットン素材のタープがおすすめ!


ファミリーキャンプランキング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連広告

-テント・タープ関連, 初心者
-, , ,

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2022 All Rights Reserved.