キャリーワゴン集合

BASEリンク

オンラインショップ枠改

Kindle

Kindle本広告

その他

天板がテーブルとして使えるキャリーワゴン(アウトドアワゴン)はどれがいい?別売りでもテーブルがあるキャリーワゴンを容量や収納性も踏まえて比較!!

更新日:

10代の頃からの親友に、キャリーワゴンのおすすすめを聞かれました。

海外赴任から、元住んでいた茅ヶ崎に戻ってくる予定なのですが、家からBBQセットを海へ運ぶのに使いたいようなんです。

希望は、ある程度容量があって、天板がテーブルにもなる、そして収納がコンパクトになってカバー付き。

あっちゃん
うん、任せておいて!

そう言えば、少し前に「容量が多いアウトドアワゴン(キャリーワゴン)」という記事を書いていたので、それを見直せば、すぐに答えることができると思っていました。

しかし、容量の比較が分かっても、天板がテーブルになるのかは調べていませんでした。

しかも当時(2018年3月)から、新たなキャリーワゴンも発売されていて、そこには紹介していない物もあるんです。

そこで今回は、容量があって天板がテーブルとして使えるキャリーワゴンについてリサーチしたアイテムを紹介したいと思います。

天板は、付属品があればよかったのですが、ほとんどオプションの別売りでした。

キャリーワゴンとセットで使うことの出来るものをピックアップしています。

スポンサーリンク

天板がテーブルになるキャリーワゴン(アウトドアワゴン)

OUTPUT LIFE グランデキャリーワゴン

アウトプットライフ

出典:楽天

数年前、容量が多いキャリーワゴン(アウトドアワゴン)を比較して紹介しました。

その時は、OUTPUT LIFEやコールマン、DODなど11機種での比較でした。

その中で1番容量が多かったのが、OUTPUT LIFEのグランデキャリーワゴンでした。

その容量が188L。

これが、めちゃくちゃ大容量なんです。

人気があるコールマンのアウトドアワゴンだと容量が115Lなので、比較したら凄い差がありますよね。

アウトプットライフロールトップ

出典:楽天

このグランデキャリーワゴンには、天板が別売りであります。(キャリーワゴンとセットでも購入可)

天板は、木製のロールトップで、かなりしっかりした物です。

キャリーワゴンにフレームをセットし、その上に天板を置くので、安定性も抜群。

移動販売が出来そうなぐらいな見栄えです。

アウトプットライフ収納

出典:楽天

収納は2方向折りたたみ式。

収束式と違って、コンパクトと言うより、薄くなる感じです。

大きいタイヤが邪魔なようなら、取り外す事もできます。

大容量で、天板もかなりしっかりしたテーブルになり、収納も薄くでききます。

ただ、タイヤが大きくて迫力があっていいのですが、元々はプラスチック製の物で、使用時に音が大きいようです。

前輪はゴム製のタイヤに出来るようですが、天板と同じく別売りになっています。

天板とゴム製タイヤを揃えたら、そこそこの値段になってしまうのが難点です。

OUTPUT LIFE グランデキャリーワゴン スッペック

使用サイズ幅89.5×奥行116×高さ115.5cm
カゴ内寸幅56×奥行112×高さ30cm
重量約14.8kg
容量約188リットル
耐荷重約100kg

FIELDOOR ワイルドマルチキャリースマートタフロング

FIELDOOR

出典:楽天

FIELDOORの中には、キャリーワゴンが何種類かありますが、今回はその中でも大容量のモデルを紹介します。

ワイルドマルチキャリースマートタフロングは、容量が約178リットルあります。

OUTPUT LIFEには敵いませんが、それでもかなりの大容量です。

その上、スチール製のフレームで耐久性も高く、耐荷重は150kgとなっています。

これなら、容量いっぱいにキャンプギアを積んでも安心ですよね。

FIELDOOR収納

出典:楽天

収納方法は、収束式。

大容量のキャリーワゴンでは、2方向折りたたみ式が多いような気がしますが、これなら持ち運びも便利にできそうです。

タイヤは大径で、芝やビーチでも、道路状況を選ばす使う事ができます。

FIELDOOR天板

出典:楽天

テーブルになる天板は、別売りで用意されています。

種類はアルミとウッドがありますが、僕的にはウッドタイプをおすすめしたいです。

ウッドロールトップテーブルで、色はナチャラル色ではなく、濃い目のブラウン。

落ち着いた雰囲気で、使用する事ができます。

ワイルドマルチキャリースマートタフロングなら、ウッドロールテーブルの収納ケースが取り付ける事ができます。

FIELDOOR ワイルドマルチキャリースマートタフロング スペック

使用サイズ(約)幅105cm×奥行62cm×高さ91~62cm
カゴ内寸(約)幅100cm×奥行54cm×高さ33cm
収納サイズ(約)幅36cm×奥行29cm×高さ77cm
重量(約)13kg
容量178リットル
耐荷重150kg

ロゴス Tradcanvas 丸洗いカーゴキャリー

ロゴス Tradcanvas

出典:楽天

ゴージャスな見た目と大容量を兼ね備えてるのは、ロゴスのTradcanvas丸洗いカーゴキャリーです。

容量は145リットルで、今回紹介するキャリーワゴンの中でもかなり収容する事ができます。

本体はキャンパス風のポリエステル生地で、雰囲気はいい感じ。

取り外して丸洗い可能なので、汚れても安心です。

ロゴス Tradcanvas収納

出典:楽天

収納は、2方向折りたたみ式。

収束式よりコンパクトにはなりませんが、畳み方はシンプルで簡単そうです。

タイヤは底摩擦のゴム製ホイールを使用しています。

移動中の音も静かそうなのが良いと思います。

ロゴス Tradcanvas天板

出典:楽天

天板は付属していませんが、別売りのTracksleeper 3FDカートオンテーブルセットがテーブルに出来るようです。

このテーブルセットには折りたたみ式のチェアも付いているので、使い勝手が良さそうです。

両方揃えたら、値段的には優しくありませんが、とても良い感じに使えそうです。

ロゴス Tradcanvas丸洗いカーゴキャリー スペック

使用サイズ(約)122×83.5×64cm
カゴ内寸(約)96/84×43×35cm
収納サイズ(約)63.5×26×84cm
重量(約)11.6kg
容量(約)145L
耐荷重(約)105kg

DOD フォールディングキャリーワゴン

DOD フォールディングワゴン

出典:楽天

DODのフォールディングキャリーワゴンは、以前紹介した容量150リットルの物が廃盤となり、後継モデルになっていました。

後継モデルのフォールディングキャリーワゴンは、容量が減り125リットルになっています。

DOD フォールディングワゴン収納

出典:楽天

収納は収束式で、とてもコンパクトになります。

自立式なので、使わない時や持ち運びの時は、邪魔にならないのが良いですよね。

タイヤはラバー製で、悪路でも移動しやすく設計されているようです。

もし劣化した場合は、交換用のタイヤも販売されているのが助かります。

DOD フォールディングワゴン天板

出典:楽天

天板はフォールディングキャリーワゴン用の物が別売りで用意されてきます。

天然木のロール天板で、ズレにくいように裏側には溝が彫ってあります。

これなら、安定性も良く、ちゃんとテーブルとして使えそうです。

見た目もオシャレで、かなり好印象です。

DOD フォールディングキャリーワゴン スペック

使用サイズ(約)W53×D95×H120cm
カゴ内寸(約)W85×D42cm×H35cm
収納サイズ(約)W20×D30×H80cm
重量(約)14kg
容量(約)125L
耐荷重100kg

クイックキャンプ フォールディング キャリーワゴン

クイックキャンプロングハンドル

出典:楽天

クイックキャンプのキャリーワゴンの特徴は、新しくなったロングタイプのハンドルです。

従来の68cmの長さから、新しく93cmと長くなっています。(伸縮可能)

背が高い人には、ハンドルが短いと足にキャリーワゴンが当たったりして操作性が悪くなります。

ロングタイプだと、その点が改善されているので使いやすそうです。

クイックキャンプフォールディングワゴン

出典楽天

フォールディングキャリーワゴンの容量は、120リットル、耐荷重は100kgです。

容量は、全体で比べたら標準的だと思います。

タイヤは、直径21cm幅8.5cmの特大ホイールを採用しています。

タイヤ中央部分にラバーが採用されているので、静音性もありそうに思えます。

ただラバーが薄いので、音を完全に抑えることは難しそうです。

レビューには、アスファルトではガラガラうるさいとも記載がありました。

収納は、収束式でコンパクトになります。

写真を見る限り、大きなタイヤも邪魔になってないと思います。

クイックキャプ天板

出典:楽天

テーブルとして使える天板は、オプションで別売りされています。

3-FOLDING WIDE TABLEと言って、3つ折りする事ができるテーブルを、天板として使えます。

キャリーワゴンのテーブルとしてでも、単独のテーブルとして使えるのも良いかもしれません。

カラーは、ビンテージウッドとブラックがあります。

使用サイズ約幅107cm×奥行55cm×高さ116cm
カゴ内寸約幅89cm×43cm×32cm
収納サイズ約幅23cm×奥行42×高さ77cm
重量約11kg
容量120L
耐荷重100kg

WAQ OUTDOOR WAGON

ワック

出典:楽天

WAQのOUTDOOR WAGONは、容量が106リットルと、それ程大容量ではありません。

しかし、耐荷重を比較してみると、トップクラスに位置するんです。

キャンプには、小さくても重たいギアがたくさんありますよね。

そんな重たいギアをたくさん積んでも、安心して使う事ができます。

ワックタイヤ

出典:楽天

タイヤは、幅8.5cmとかなり太い物を採用しています。

タイヤの中央部分にラバーがあり、静音性にも考慮されています。

ただ、クイックキャンプと同様に、クッション性があまりないので、アスファルトでは音がうるさく聞こえるかも知れません。

収納は収束式なので、コンパクトにする事ができます。

ワックテーブル

出典:楽天

テーブルとなる天板は、別売りのオプションが同時購入する事ができます。

その天板は、アルミテーブルで、アルミのシルバーカラー1色だけです。

アウトドアワゴンの色がとの合わせ方によっては、テーブルが浮いて見えてしまうかも知れません。

ワック限定カラー

出典:楽天

公式サイト限定のブラック×ホワイトなら、シルバーのテーブルも目立たずに使えそうです。

使用サイズ(約)幅49cm×長さ95cm×高さ90cm
カゴ内寸(約)幅49cm×長さ91cmcm×高さ35cm
収納サイズ(約)幅34cm×奥行23cm×高さ82cm
重量11.2kg
容量106L
耐荷重150kg

レイチェルアウトドア グランドキャリアワゴン

レイチェルアウトドア

出典:楽天

見た目が可愛くておしゃれなのが、レイチェルアウトドアのグランドキャリアワゴンです。

キャリーワゴンっぽくないサイドポケットが付いているのが特徴です。

容量は、かなり小さく約92リットル。

カゴ自体が低く、ロータイプになっているので、容量が少なくなっているんだと思います。

耐荷重も少なく、約60kgです。

めちゃくちゃ重たいキャンプギアを運ぶ予定がないなら、これでも十分かも知れませんが、ちょっと不安は残りますよね。

レイチェルアウトドア収納

出典:楽天

収納は2方向折りたたみ式です。

片側のタイヤの位置を中央に寄せてから折り畳む事になるので、ちょっと面倒かも知れません。

レイチェルアウトドアカバー

出典:Yahoo!ショッピング

テーブルになる天板は、ワゴンクーラーテーブルが別売りであります。

これは、今まで見てきたテーブルとは違い、ポリエステル素材のカバーとクーラーボックスがセットになった物です。

中央部分にソフトクーラーボックスが位置し、中に入った軽量合板で簡易的なテーブルとして使う事ができます。

上記で紹介してきたキャリーワゴンとタイプは違いますが、こんなのもちょっと面白いですよね。

使用サイズW112xL51xH120 cm
カゴ内寸W82xL45xH25 cm
収納サイズW22xL51xH76 cm
重量約10.8 kg
容量約92L
耐荷重60 kg

キャリーワゴン 簡易比較表

商品名容量耐荷重天板
OUTPUT LIFE グランデキャリーワゴン188L100kgウッドロールトップ
FIELDOOR ワイルドマルチキャリースマートタフロング178L150kgウッドロールテーブル
ロゴス Tradcanvas丸洗いカーゴキャリー145L105kg3FDカートオンテーブルチェアセット
DOD フォールディングワゴン125L100kgキャリーワゴン用ロール天板
クイックキャンプ フォールディングキャリーワゴン120L100kgミニ三つ折りテーブル
WAQ OUTDOO WAGON106L150kg専用アルミテーブル
レイチェルアウトドア グランドキャリアワゴン92L60kgワゴンクーラーテーブル

まとめ

そこそこの容量があって、収納がコンパクト、そして天板がテーブルとして使えるキャリーワゴン(アウトドアワゴン)をリサーチして比較してみました。

中には、大容量過ぎて、キャリーワゴン本体のサイズが大きく感じちゃうものもあると思います。

天板がテーブルとして使える物は、今回は全部別売りのオプションでした。

初めから付属品としては無いものの、しっかりとした公式品が使えるのは良いと思います。

収納方法は、基本的には4方向収束式と、2方向折りたたみ式のどちらかです。

収束式はコンパクトになり、持ち運びにも、家での収納時にも良さそうでう。

2方向折りたたみ式はも、薄くなるので特に問題は無いと思います。

タイヤに関しては、ゴム製のタイヤの方が静音性があり、使い勝手は良いと思います。

ラバーが貼り付けてあるタイプは、賛否両論あるので、静音性は期待せずにいた方が良いかもしれません。

今回比較した殆どのキャリーワゴンは、耐荷重が100kg以上です。

耐荷重が150kgの方が、数値的には安心できますが、僕的には100kgでも問題なく使えると思います。

以前比較した、アウトドアワゴン(キャリーワゴン)の記事はこちら。

その他のアウトドアワゴンの記事はこちら。


登山・キャンプランキング

公式オンラインストア
The following two tabs change content below.
東京都の片隅に住む40代のおじさんです。 妻と高校生の長男、小学生低学年の娘と仲良く暮らしています。 キャンプ歴は27年以上と長いのですが、本格的に道具を集めだしたのは、ここ7年ぐらい。 物欲ばかり先行するなかで、いかにいい道具に巡り合えるか、いろいろとネットで調べまくっています(笑) どうか気軽にお楽しみください。 そしてみなさまの参考になるブログになれば良いなと、日々頑張っているつもりです。 株式会社スワニー様にご協力いただき、コラボキャンプグローブ販売中です。 静岡お茶の第三のご協力で、コラボアウトドアドリップティー販売中です。 ・キャンプブログ歴7年目 ・ライフスタイルブログ歴6年目 ・ソロキャンプブログ歴2年目 ・WEBメディアPicky'sの記事監修 ・手袋のスワニー公式アンバサダー ・スタークR公式アンバサダー ・Makuakeアンバサダー ・pipin公認アンバサダー ・EXPLAZA公認エキスパート ・キャンプクエスト公式ライター ・CAMPOUT提携ライター をさせていただいております。

関連広告

-その他
-,

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2022 All Rights Reserved.