※当サイトはアフィリエイト広告の利用・プロモーションを含んでいます

BBQ・キッチン・調理道具 キャンプ道具レビュー 焚き火・暖房器具

ユニフレームの焚き火台ファイアグリルをレビュー!〜ピカピカなのも最初だけ?なるべくきれいに使いたい〜

更新日:

キャンプといえば、バーベキュー!

というわけで、今や数ある焚き火台の中で最も人気が高いと言っても過言ではないのが、ユニフレームのファイアグリルです。

簡単に組み立てができてすぐに焚き火が楽しめ、ダッチオーブンやバーベキューもも楽しめちゃう!

これ1台あれば、いろいろできちゃうです。

ネットでキャンプの焚き火台について調べると、必ずと言っていいほどおすすめの商品の1つなっているので、ほとんどの方が知っていると思います。

しかし、もちろん金欠の僕には高い買い物なので、じっくり慎重に調べました。

でも、その結果は、やっぱりキャンプの焚き火台には、ユニフレームのファイアグリルが1番だという事に、僕の中で結論付けました。

という訳で、我が家はユニフレームのファイアグリルを購入~。

買った当初はピカピカで、

あっちゃん
カッコイイ~

と思わず声に出しちゃいました。

そんな、ユニフレームの焚き火台ファイアグリルを少しだけレビューします。

スポンサーリンク

ユニフレームのファイアグリルをレビュー

ファイアグリルは1回使うと・・・

薄汚れたユニフレームのファイアグリル

ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」は、購入当初はピカピカで凄くカッコいいんです。

シルバーに輝いていて、洗練されたデザインがとても素敵に見えました。

しかし1回使うだけで、ファイアグリルの表面は変色し、ピカピカなんて言葉なんて使うことが出来ないくらい変色して薄汚れてしまうんです。

付属のロストルも1回目から、すぐに熱で変形しちゃいました。

ただ、これは通常使う分には特に困ることはありません。見た目だけがちょっと微妙な感じになってしまうんです。

そして、今や使うこと数十回・・・。

キャンプの度に使いこんできた僕の焚き火台は、いい感じのくたびれ具合になっています。

あのピカピカした綺麗な君はどこへ・・・なんて、考えることもありますが、これが実に渋い!

ワイルド感がでて良いかもね。

使い込んでいるからこそ出るワイルド感。

キャンプの玄人が持っているかのような、キャンプギア・・・そう!男の中の男!

なんて、自分に言い聞かせることも大事です(笑)

ファイアグリルはコンパクト

P1020806

ファイアグリルの使用時の高さは33cm。幅、奥行ともに43cmあります。

そして重さが2.7kg。

なかなかコンパクトに使うことができます。

そして収納時は脚、本体、網、ロストルの部分に分かれもっとコンパクトになり、サイズは約380×380×70mmになり収納ケースに収まるんです。

ファイアグリルの焼き網のアップ

網は脚の部分に本体とずらして置く形です。

高さはベストポジションで、火力が強ければあっという間にお肉は焼けちゃいます。

網と本体の隙間からは、小さな炭の出し入れもできて簡単です。

火が直接あたらない場所には焦げそうなお肉の逃げ場所にぴったりです。

炭を全体にまんべんなく置くのではなく真ん中を強めにして隅は炭自体の量を少なくして火力を抑えておけば、うまく使い分けができます。

炭と網との高さが絶妙なんですよね。

あまり近すぎたらすぐに焦げちゃうし、離れすぎていてもなかなかお肉に火が届かなくなっちゃいます。

ファイアグリルをなるべく汚さないためにロゴスのBBQお掃除楽ちんシート

ロゴスのらくちんシートのパッケージ写真

出典:楽天

ユニフレームのファイアグリルのロストルに(網の下)、アルミホイルを敷いておけば、使い終わった後の灰の片付けも簡単にできます。

ロゴスのBBQお掃除楽ちんシートを使えばお肉からしたたる脂や灰で汚すことなく片付けることが出来ます。

(ちょっと灰がこぼれたら、軽く水洗いだけですみます)

ただし、BBQが終わってロゴスのアルミホイルを敷いたまま焚き火を始めちゃうと、次の日がっかりすることになっちゃいます・・・。

それは、アルミホイルが熱で溶けてロストルにこびり付いちゃうこともあるんです・・・。

しかも、なかなか取れないから困りもんです。

バーベキューの後に焚き火をする時は、すこし面倒ですがアルミホイルだけは取り除くようにした方が良さそうです。

 ファイアグリルで焚き火

683040_01

出典:ユニフレーム

ユニフレームのファイアグリルは、焚火台としてもガンガン木を載せても大丈夫です。

安定感があるので、薪を投げ入れても、今まで倒れたことはありません。

そして、キャンプ場で購入できる薪の大きさとも合うようで、あまりはみ出してしまうようなことはありません。

(キャンプ場の薪はだいたい40cmぐらいだと思います)

薪を乗せすぎて、火が大きくなっても大丈夫です。

ファイヤグリルを囲って夜の語らいもいいですね。

次の日の朝に灰を捨てに行くときも、そのままの状態で灰捨て場まで持っていけるので、後処理もとても簡単にできます。

余裕があれば、そのまま洗ってしまえば、持って帰る時には乾いていると思います。

ファイアグリルに肉の脂?

ユニフレームのファイアグリルのフレームのアップ

ここまで、ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」は良いって言っておきながら1つだけ改良希望があります。

それは、バーベキューをした後、網を載せているファイヤグリルの脚の部分に、お肉の脂が入り込んじゃうことなんです。

上記の写真の、フレームの部分です。

ここが細いので、洗うのがちょっと大変・・・。

みてください、汚れが取れてません・・・取れないんです。(根気よく洗えば取れると思いますが、諦めちゃいました)

しかも4本分あるので大変です。

ちょうど、このフレームの上に網を乗せるので、お肉の脂がしたたり落ちちゃうんでしょうね。

もしこのブログを読んて頂けたなら、なるべくフレームの上にはお肉を乗せないように気をつけましょう。

ユニフレーム ファイアグリル スペック

サイズ:使用時約430×430×330(網高)mm
サイズ:収納時約380×380×70mm
重量約2.7kg
素材:本体ステンレス
素材:焼き網鉄/クロームメッキ
素材:脚スチールパイプ

まとめ

いいね

● ファイアグリルは、コンパクトに持ち運べるし軽いので、荷台においても場所を取りません。

● 焚火もバーベキューも出来るので一石二鳥です。

● 値段設定が絶妙(高すぎず安過ぎず)

もうちょい

● フレームの真上でお肉を焼くと、フレームの溝部分に脂が溜まってしまします。

● あんなにピカピカだった焚き火台が、1回使うだけで変色してしまう。

● 初めから付属しているロストルが、1回使うとすぐグニャグニャになる

マイナス点はあるにしろ、次に買い替えるとしたら、またユニフレームファイアグリルを買いなおすと思います。

だって使いやすいんですもん。

あっちゃん
脚にたまる脂が何だ~!

そんなことも忘れちゃうぐらい使い勝手がいいです。

最早、キャンプの定番の焚き火台になっているユニフレームのファイアグリル、定番になるだけの機能性がありました。

初心者の方も、ベテランキャンパーさんも、焚き火台を選ぶときには、使いやすさを重視してファイアグリルを選びましょう。

(って、他の焚き火台を使ったことがないので説得力に欠けますが・・・)

今回使用してるところのレビューはありませんが、機会があったら追記したいと思います。

ユニフレームから新しい焚き火台が出ました!

少し値段は高いけど、ちょっと良いかも。

ファイアグリル以外にも良い焚き火台が増えてきました。

ファイヤグリルから、この焚き火台に買い替えました。


登山・キャンプランキング

The following two tabs change content below.
アバター画像
東京都の片隅に住む40代のおじさんです。 妻と高校生の長男、小学生低学年の娘と仲良く暮らしています。 キャンプ歴は27年以上と長いのですが、本格的に道具を集めだしたのは、ここ7年ぐらい。 物欲ばかり先行するなかで、いかにいい道具に巡り合えるか、いろいろとネットで調べまくっています(笑) どうか気軽にお楽しみください。 そしてみなさまの参考になるブログになれば良いなと、日々頑張っているつもりです。 株式会社スワニー様にご協力いただき、コラボキャンプグローブ販売中です。 静岡お茶の第三のご協力で、コラボアウトドアドリップティー販売中です。 ・キャンプブログ歴7年目 ・ライフスタイルブログ歴6年目 ・ソロキャンプブログ歴2年目 ・WEBメディアPicky'sの記事監修 ・手袋のスワニー公式アンバサダー ・スタークR公式アンバサダー ・GreenSummitアンバサダー ・Makuakeアンバサダー ・pipin公認アンバサダー ・EXPLAZA公認エキスパート ・キャンプクエスト公式ライター ・CAMPOUT提携ライター をさせていただいております。

関連広告

-BBQ・キッチン・調理道具, キャンプ道具レビュー, 焚き火・暖房器具
-,

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2023 All Rights Reserved.