ドッペルギャンガーの薪ストーブ『ALL IN ONE STOVE はじめてのまきちゃん』がおすすめ!~iron-stove ちび・ちびストーブ3と比較しちゃいました~

   

all


1+

『薪ストーブに憧れるけど、結局使い勝手がわからないし、そもそも本当に必要なかわからない。。。』

なんて思っている人も多いと思います。

薪ストーブを選ぶって思っていた以上に大変。

だってそんなに安い物ではないし。。。

秋・冬キャンプをあまりしない人にとっては、年に何回使うかわからない物にそんなに大金を出せないって思うのが本音だと思います。

しかもこういうものって、そうそう買い替えるものではないから失敗無く選びたい。

キャンプで薪ストーブを使うとなると、いくつかの選択肢が出てきます。

調べていくうちに、なんとなく良さそうな物が見つかってくるはず。

そして、その中に新たに加わて欲しい『薪ストーブ』が登場しました。

ドッペルギャンガーの『ALL IN ONE STOVE はじめてのまきちゃん』です。

スポンサーリンク

ALL IN ONE STOVE はじめてのまきちゃん

 

静かな冬のキャンプ場。暖かさが伝わってくる薪ストーブ。ガラス窓からのぞく炎のゆらめき。ストーブの上にのせた鍋からはおでんのいい匂いがただよってくる。あー、冬キャンプっていいなぁ。
はじめてのまきちゃんは収納袋から煙突までオールインワンのコンパクト薪ストーブ。あなたのはじめての薪ストーブ、冬キャンプを応援します。    引用先:ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーから発売された薪ストーブ。

ドッペルギャンガーってだけで少し期待しちゃう僕がいます(笑)

名前のセンスも『はじめてのまきちゃん』と微妙に外してていい感じです。

all-in-one2出典:ドッペルギャンガー

はじめてのまきちゃんは、名前の通りはじめて薪ストーブを使う人にとってとても親切なセットになっています。

薪ストーブに必要な物がセットになっていて、しかもキャリーバック付き。

all-in-one5出典:ドッペルギャンガー

形は奥行があるタイプで、薪を入れ易いと思います。

一般的に売られている薪は、長さが40cmぐらい。

『はじめてのまきちゃん』は奥行が42.2cmなので多分そのまま薪を入れることができます。

all-in-one6出典:ドッペルギャンガー

幅も260mmあるのでダッチオーブンも載せることができますし、天板を開けることにより直火での料理や、網を置いてバーベキューも楽しめます。

しかも、その直火用の網も付属しています。

写真を見る限り、食材をたくさん載せられないようですが十分楽しめそうです。

all-in-one7出典:ドッペルギャンガー

設置は薪ストーブ本体を袋から出して脚をひろげて煙突を繋げるだけ。

簡単に設置することが出来ます。

all-in-one3出典:ドッペルギャンガー

見た目も良いし値段も高い訳じゃない。。。

あれば、憧れのおしゃれキャンプを楽しむことができちゃいます。

初めての薪ストーブの候補として十分な魅力を持っています。

それなら、ライバルたちと少し比較してみましょう。

はじめてのまきちゃん・iron-stove ちび・ちびストーブ3の3商品で比較

はじめてのまきちゃんとの比較対象になるのは多分この2つ。

テンマクデザインの『iron-stove ちび』と小川キャンパルの『ちびストーブ3』。

テンマクデザインの『iron-stove ちび』は横幅が広いタイプ。

 

 

『はじめてのまきちゃん』と形は少し違いますが、これも人気の良い商品。

小川キャンパルの『ちびストーブ3』も形は違うけど、これも人気がある商品です。

『はじめてのまきちゃん』の販売前のおすすめはこちら!

本体の大きさと重量

『はじめてのまきちゃん』の本体の大きさは幅260×奥行422×高さ235mmとなっています。

本体の素材はスチールで重さは12.5kgです。

天板の厚さは3mmとなっています。

iron3出典:テンマクデザイン

『iron-stove ちび』は幅478×奥行335×高さ294mmです。

幅は十分あり、40cmの薪も入れ易そうです。

コチラも本体の素材はスチール、重量は18kgです。

天板と底板の厚さは2.0mmで側板が1.6mmあります。

ここが厚くできているので重量が増して安定性をもたらしているのでしょうね。

『ちびストーブ3』は幅280×奥行400mmで高さ150cmとなっています。

高さ150cmというのは多分煙突を含んだ高さで、本体のだけ高さは記載がありませんでした。

袋に入れた時の高さが33cmとなっているのでそれ以下の30cm前後だと思います。

本体の素材は0.6mmの鉄板で重量は5.2kgです。

個人的には前の型みたいに黒色の塗装がされていたら嬉しいですね、

『はじめてのまきちゃん』と『iron-stove ちび』は付属品込みの重量ですが、この2つよりとても軽い『ちびストーブ3』は付属品込みなのかどうか記載が無いのでかわりません。

『ちびストーブ3』は鉄板の厚さが薄い分重量が軽くなっているのでしょうね。

煙突の長さ

all-in-one4

出典:ドッペルギャンガー

『はじめてのまきちゃん』は1本の長さが377mmの煙突が8本付属しています。

好みにより長さが変えられますが、8本使用した時の長さは2.6mまで伸ばすことが出来ます。

本体上部から垂直に伸ばすタイプで地面からの高さは長くて2910mmになります。

tentm

出典:テンマクデザイン

『iron-stove ちび』は1つの長さが380mmで径がφ75mmの煙突が3本。

本体上部から垂直に伸ばすタイプで本体と脚込みの高さは1550mmになります。

ogawa出典:キャンパルジャパン

『ちびストーブ3』は他の2つと違って本体横から煙突が出るタイプ。

本体から出て曲がって上を向く部分と、3つの煙突部分で合わせて1500mmになります。

煙突付け根部への負担が本体横から煙突を出すタイプより垂直に煙突が伸びるタイプの方が軽いようです。

しかし、ツールームタイプのテントを使用していると垂直に煙突が伸びるタイプだとテントの外に煙突を出すのが難しい気がします。

そうなるとティピなどの三角テントが向いてそうですね。

『iron-stove ちび』を三角テント内で使用するとなると長さが足りなそうな気がしますね。

『ちびストーブ3』ならツールームテントの裾部分をめくりあげて、テントに触れないように加工すれば使えそうです。

あくまで自己責任でテント内で使用した場合ですよ。。。

付属品

all-in-one8出典:ドッペルギャンガー

『はじめてのまきちゃん』の付属品はウサギのマークがかわいいキャリーバッグ、バーベキューを楽しめるグリル用網、火の揺らめきが見れる耐熱窓(ガラス)、火かき棒、煙突固定リングと煙突(377mm×8本継ぎ)、それと取扱説明書になっています。

iron2

『iron-stove ちび』の付属品は、煙突3本と、煙突の先端に付ける笠、ロストルと必要最低限の物です。

収納ケースは別途販売しています。

tibi1

『ちびストーブ3』の付属品は煙突が3本と、本体から煙突を出す曲がり長、煙突の先端に付ける笠、中籠、火バサミ、ロストル、収納ケースと色々揃っています。

火バサミと、収納ケースはとてもうれしいですね。

まとめ1

ここまで見てくると、ドッペルギャンガーの『ALL IN ONE STOVE はじめてのまきちゃん』ってちょっと良いなって思わせてくれますね。

簡単に設置できるし、煙突も長い。

付属品もたくさん付いていてキャリーバックもある。

値段もこの中では一番安いし。。。

やっぱり、ドッペルギャンガーはコストパフォーマンスが良い物を作ってくれますね。

他の2つも良い物ですが、やっぱり金額が気になっちゃいます。

という訳でここまでの比較してきた結果、僕は『ALL IN ONE STOVE はじめてのまきちゃん』に1票を投じたいと思います。

あくまで、僕の個人的な考えです。。。

薪ストーブデビューに『ALL IN ONE STOVE はじめてのまきちゃん』を選択肢に加えてみませんか?


登山・キャンプ ブログランキングへ
アイキャッチ画像 出典:ドッペルギャンガー

 

1+

スポンサーリンク

 - BBQ・キッチン・調理道具 , , , , , , , , ,