たかがペグ されどペグ~ソリッドステークとエリッゼステーク~

      2017/02/04


0

2014年に観たカンブリア宮殿のスノーピーク特集で、地味で目立たないと思っていた僕のペグに対する概念を変えた、最強のペグがあります。

燕三条に伝わる鍛造製法で製作されたスノーピークの『ソリッドステーク』

どんな固い地面も確実にテントやタープを固定し、安全を生み出す。

そして、コンクリートも打ち抜く強度。。。

あっちゃん
これは、欲しい!

 

調べてみると、同じ燕三条鍛造されている『エリッゼステーク』というペグもあるようです。

しかも、少し安い。

カチオン電着塗装し、防錆性能に優れているらしいのです。

そして一番気になったのが、色々な色があるって事。

赤や黄色、ピンクなどペグが塗装されていてかわいいんです!

 

スポンサーリンク

ソリッドステークと エリッゼステークを買ってみた

エリッゼステークは、キャンプ場の土や芝の上で見つけやすい赤色の28cm。

ソリッドステークは30cmを購入しました。

ソリッドステークは黒一色ですね。。。

P1020887 P1020889

芝の上に置いてみると、やっぱり赤色の方が目立ちますね。

赤色なら、これら少々高いペグを失くすことも減りそうです。

P1020900

太さを比べてみると、エリッゼステークの方が少し太いですね。

エリッゼステークの太さなのか、穴が小さいのかわかりませんが、撤収時に同じペグを頭の穴に通して引き抜くということが出来ません。

ペグが穴に入りません。。。

P1020895

ソリッドステーク同士は、ペグを入れ抜くことができます。

エリッゼステークの穴に、ソリッドステークは入ります。

 

追記:ブログを読んでいただいた方から連絡がありました。

今年の初めに購入されたエリッゼステークは穴自体が楕円になっていてエリッゼステークを横に倒して刺せば根元まで刺さるようです。

僕の持っている物は3年前に購入したもので、再度試しましたが刺さりませんでした。

仕様変更があったかも知れません。。。

もぞさんのブログで詳しく説明されています。

mozo777.naturum.ne.jp/e2663678.html

(2016.9.10)

 

 

小川キャンパルのアイアンハンマーのペグ抜きも、ひっかける所に入りませんでした。。。

P1020899

ペグ抜きなしでも、なんとか簡単に抜くことができないかと紐を通してみました。

IMG_1498

これで、紐を引っ張れば簡単に抜けるはずです。

ソリッドステークを塗装してみた

ソリッドステークを、なんとか目立つ赤色にしようと塗ってしまいました。。。

P1020910

赤いソリッドステークの出来上がり✨

しかし、幾度かキャンプに行くとやっぱり塗装が剥げちゃいました。。。

赤と黒が混ざり、なんとも言えない残念な感じ。。。

P1020971

意外に、ロゴの部分だけ赤色にした方がいいかもです。

P1020909

その点、エリッゼステークはさすがカチオン電着塗装。

塗装の剥げは、ほぼありません。

強度には触れませんが2種類共、今のところ曲がったことはありません。

さすが燕三条製です!

まとめの顔

 

●ソリッドステークの方は 同じペグを頭の穴に通して引き抜くということが出来る!

●エリッゼステークは 色の種類が豊富で、かわいくて探しやすい。

●2つとも 強度はいいはず

それぞれ良いところがあるので、あとは好みかなと思います。

 

P1020929

なにげに、ポイントでもらったブロンズのソリッドステークも気に入ってます。

お気に入りのペグの収納はどうしてますか?


登山・キャンプ ブログランキングへ

0

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - テント・タープ関連 , , , , , , , , , ,