BASEリンク

BASEリンク

Kindle

Kindle本広告

テント・タープ関連

トルテュライトのライバル登場?DODのカマボコテントと比較しちゃいました

更新日:

少し前から話題になっているDOD(ドッペルギャンガー)のカマボコテント。

よくよく見ると、なんてかわいらしいテントなんだろうって思いませんか?

ヒルバーグやMSR、ノルディスクにもカマボコ型のテントがありますが、なんとなくそれらを思い出すような形をしているDOD(ドッペルギャンガー)のカマボコテント。

リビングと寝室が一体型の2ルームテントで、色使いが特にかわいい感じです。

我が家で使ってる スノーピークのトルテュライトより、横幅がちょっと小さめで使いやすそうでもあります。

何やら ライバルになりそうな予感。。。

って事で、DODのカマボコテントとトルテュライトを比較しちゃいます。

負けるな、トルテュライト!

スポンサーリンク

カマボコテントとトルテュライトの比較

カマボコテントの基本サイズ等

kamaboko sizu出典:DOD

展開時のサイズは、w300×D640×H195cmで、インナーテントサイズはw300×D220cmとなっています。

 

kamaboko2出典:DOD

吊り下げ式のインナーテントは、通気性のある生地を使用しています。

前後にある窓部分を開けてメッシュにすることも可能です。

 

kamaboko3出典:DOD

収納時の大きさはW67×D29×H29cmで、専用のバックが付属します。

重量は、13.7kgと決して軽くはありませんが、コンパクトにまとまるようです。

トルテュライト

tortue出典:snowpeak

展開時サイズはW360×D580×H205cm、インナーテントサイズがW300×D220cmとなっています。

tortue2出典:snowpeak

カマボコテントと同じく吊り下げ式のインナーテントです。

これだと設営が簡単にできて良いんですよね。

サイズも変わらないですね、大体3~4人が寝ることができます。

収納時は、W73×D33×H30cmになります。

重量は18.5kgとカマボコテントより5kgほど重たいです。

18.5kgって結構重たくて、車に乗せたり降ろして運んだりするのは少々疲れてしまいす。

カマボコテントは、トルテュライトより横幅は狭くなっていますが奥行があります。

インナーテントのサイズは同じで、カマボコテントは5人が寝られるようになっていますが、トルテュライトを実際使用しみると大人2人+子供2人でちょうどいい大きさです。

多分大人5人だと、キツキツだと思います(笑)

カマボコテントとトルテュライトのスペック等の比較

カマボコテント

kamaboko4出典:DOD

アウターテントは、防炎&UVカット(UPF50+ )加工済みの75D190Tポリエステルでを使用し、耐水圧が2000mmあります。

アンダー(グラウンド)シートは、210Dポリエステルで耐水圧が5000mmと、かなりの数値になっています。

フレームは、アルミニウム(AL7001)を使用しています。

台風並みの風速基準10等級(24.5~28.4m/s)の環境下でテストを行いクリアするほどの十分な耐風性を備えているテントです。

トルテュライト

torutyu3出典:snowpeak

本体(フライ)の素材は、75Dポリエステルタフタを使用し、PUコーティング、テフロン撥水加工・UVカット加工済みになっています。

ルーフ部、ウォール部共に 耐水圧は1,800mmで、強い雨でも十分耐えられる数値になっています。

ボトムは 210Dポリエステルオックスを使用しPUコーティングされています。

耐水圧は、1,800mmと、こちらも十分な数値です。

フレームは、A6061をしようしています。

耐水圧の差だけでみれば カマボコテントの方が良さそうですね。

その他の機能

kamaboko5出典:DOD

DODのカマボコテントにはランタンフックが、リビングスペースの天井部に合計10ヶ所あります。

トルテュライトはリビング部に1ヶ所だった気がします。

いろいろな所にフックがあると、ランタン以外にもテイジーチェーンなどをぶら下げることが出来るので便利そうです。

kamaboko6出典:DOD

カマボコテントには、コンセント用のジッパーが付いています。

これがあると、秋冬キャンプでも便利に使えそうですね。

電源サイトに泊まれば、インナーテント内に電源ケーブルを引き込み、ホットカーペットや扇風機などが使えます。

一方トルテュライトは、このような便利な物はありません。

インナーテントには入口の隙間からケーブルを入れて使う感じになります。

トルテュライト使っている僕が、ちょっと気になっちゃう機能とスペックと外観を持ち合わせたカマボコテント。

これは、要チェックですね!

カマボコテント、トルテュライト 比較表

商品名カマボコテントトルテュライト
サイズW300×D640×H195cmW360×D580×205cm
インナーテントサイズW300×D220cmW300×D220cm
収納時サイズW67×D29×H29cmW73×D30×H30cm
材質75D 190Tポリエステル・防炎&UVカット(UPF50+)加工75Dポリエステルタフタ・PUコーティング・テフロン撥水加工・UVカット加工
耐水圧:本体2,000mm1,800mm
耐水圧:ボトム5,000mm1,800mm
重量13.7kg18.5kg

 

まとめ

まとめの顔

ここまで比較してみてDODのカマボコテントは、スノーピークのトルテュライトに全く引けを取っていません。

耐水圧もあるし、トルテュライトより軽いし、何より細かな機能がたくさんあります。

例えば、ランタンフックがたくさん付いていたり、大型ポケットがインナーテントの入り口にあったり、コンセント用のジッパーがインナーテントに付いているなど、ちょっとうれしい「あれば便利な機能」がいくつもあります。

しかも、これだけのスペックとおしゃれな外観なのに、トルテュライトの3分の1の値段。

ナチュラムさんで通常価格4万前後の所数量限定で37800円との事。

8月中旬入荷予定の予約受付中!

やっぱり人気があるようで6月入荷分は完売みたいです。

気になった方は急いで予約すれば、夏のキャンプに間に合うかも!

バージョンアップした『カマボコテント2』がでました!

DODのおかずシリーズにおしゃれなキノコテントが加わりました!


登山・キャンプ ブログランキングへ

 

アイキャッチ画像 出典:DOD

↓ナチュラム予約販売ページはこちら



D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) 【8月中旬入荷予定】KAMABOKO TENT(カマボコテント)

遂にカマボコテント2の後継モデル「カマボコテント3」が登場!

公式オンラインストア
The following two tabs change content below.
東京都の片隅に住む40代のおじさんです。 妻と高校生の長男、小学生低学年の娘と仲良く暮らしています。 キャンプ歴は26年以上と長いのですが、本格的に道具を集めだしたのは、ここ7年ぐらい。 物欲ばかり先行するなかで、いかにいい道具に巡り合えるか、いろいろとネットで調べまくっています(笑) どうか気軽にお楽しみください。 そしてみなさまの参考になるブログになれば良いなと、日々頑張っているつもりです。 株式会社スワニー様にご協力いただき、コラボキャンプグローブ販売中です。 静岡お茶の第三のご協力で、コラボアウトドアドリップティー販売中です。 ・キャンプブログ歴7年目 ・ライフスタイルブログ歴6年目 ・ソロキャンプブログ歴2年目 ・WEBメディアPicky'sの記事監修 ・手袋のスワニー公式アンバサダー ・スタークR公式アンバサダー ・pipin公認アンバサダー ・キャンプクエスト公式ライター ・CAMPOUT提携ライター をさせていただいております。

関連広告

-テント・タープ関連
-, , , , , , , ,

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2022 All Rights Reserved.