gym master(ジムマスター)のリバーシブルマウンテンジャケットをレビュー!秋キャンプ冬キャンプは流行りのボアジャケットとマウンテンパーカーを着こなそう!!【PR】

      2019/12/06

マウンテン ジャケット

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

0

北海道ではすでに雪が降ったと言いますが、関東では意外に暖かったりして、秋キャンプ、冬キャンプの服装を決めかねていませんか?

最近の僕のオススメはジムマスター。

有名アウトドアのアイテムで身を固めたいという希望はありますが、それらって結構値段が高いですよね。

そんな高い値段だから、毎年のように買うことはできなし、流行りすたりだってあるかも知れません。

かと言って、安くて高機能なワークマンやシマムラを全身に纏うのもちょっとな。。。と、思っている方はいませんか?

そんな時に、ジムマスターのウェアなら、比較的リーズナブルでファッション性も高いのでおすすめです。

確かにリーズナブルと言っても、ワークマンやシマムラなどには敵わないかも知れません。

しかし、雑誌にも掲載されるほどのファッショナブル性は、見過ごすわけにはいきません。

今回紹介するのは、2019年秋冬モデルの新作のリバーシブルマウンテンジャケットです。

『2nd』にも掲載されている、注目のアイテムなんです。

スポンサーリンク

ジムマスター リバーシブルマウンテンジャケット

ブラックブラック

出典:楽天

キャンプやアウトドアのアウターと言ったら、やっぱりマウンテンジャケットというイメージがありますよね。

秋キャンプや冬キャンプにピッタリなマウンテンジャケトと、今流行のボアジャケットの両方を使う事ができるとしたら、とても贅沢ですよね。

ジムマスターのリバーシブルマウンテンジャケットは、その名前の通り、リバーシブルで使えるマウンテンジャケットです。

裏返すと、暖かそうなボアジャケットに早替わり。

見た目の雰囲気が全く違う、2種類のアウターとして使う事ができるんです。

しかも、フードは襟元に収納して使う事が出来るので、全部で4通りの使い方が出来ちゃうんです。

2019年は新色2つを含めた6色展開です。

ど定番のブラックから、派手なクレイジー柄まで、キャンプなどのアウトドアやダウンユースなど、シーンを選ばずに使えるようになっています。

ジムマスター リバーシブルマウンテンジャケットをレビュー!

ボアジャケット

ハンガー表

ジムマスターといえば、クレイジー柄が特徴ですよね。

たくさんの色を取り入れているので、見ていて楽しいしオシャレ度も高いんです。

2019年のリバーシブルマウンテンジャケットは、クレイジー柄を含めた2つの新色と合わせて6色で展開されています。

リバーシブルなので、表と裏で違った色を選ぶことができます。

ブラック×ブラックでは、表も裏も定番のブラックで、シックにカッコよく決めることができます。

奥さん
歳を考えて!

歳相応に、ブラックで落ち着いた大人を気取りたいのですが、どうしてもクレイジー柄に目が行っちゃいます。

今回選んだのは、オリーブクレイジー×クレイジー。

ボアジャケット側もマウンテンジャケット側も、クレイジー柄なんです。

狂ったオヤジだね。。。

傍から見たら、そんな風に言われてしまうかも知れません。

しかし、キャンプに着ていきたい僕は、見た目が明るくて楽しい物が良いと思ってしまうんです。

と、言うわけで今回は「オリーブクレイジー×クレイジー」のリバーシブルマウンテンジャケットを見ていくことにします(笑)

素材

ボア素材

ボアジャケット側は、モコモコとした見た目と肌さわりが特徴です。

前回レビューした、「リバーシブルボア×タスロンフードジャケット」では、ボアの素材は凄く柔らかいフワフワの綿のような、フランネル素材のような、なんとも言えない気持ちい肌さわりのものでした。

しかし、今回レビューする「リバーシブルマウンテンジャケット」のボアは、それこそ羊のようなモコモコとした、少し固めの肌さわりの物となっています。

少し固いと言っても、前回のレビューのボア素材と比較したらということで、相対的にはとても柔らかい部類に入る物だと思います。

このボア素材が、ポケットの縁や胸ポケット、フロントのスナップ部分などを除いて全体的に使われているので、見た目が暖かそうだし、実際暖かいと思います。

前回のリバーシブルボア×タスロンフードジャケットのレビューはこちら。

胸ポケット

胸ポケット

 

ボアとは違ったナイロン素材が使われている胸ポケットは、飾りというわけではなく、ポケットティッシュやハンカチ等が収納できるサイズとなっています。

ジッププルとして、革紐が付いているので、かじかんだ手でも開けやすくなっています。

ポケットのマーク

胸ポケットの右下には、ジムマスターのマークが入っています。

ちょっとしたワンポイントなので、遠目からは見づらいかもしれません。

しかし、近づくと可愛らしいロゴマークでジムマスターと気づく事ができます。

裾・袖口

裾・袖口

裾や袖口は、ナイロン生地を折り返して縫われています。

これはパイピングテープを縫っているのではなく、裏側のマウンテンジャケットの生地を折り返しています。

その為、選んだカラーによってここの色も変わってきます。

袖

袖口は、シワはほとんど無くフラットな感じです。

ゴムなどは入っていない為、伸縮性はありません。

ポケット

ポケット

両サイドのポケットには、ジッパーが付いています。

ジッパーには革紐が付いていて、開け閉めしやすくなっています。

ポケットの中は、フリース素材になっているので、手を入れたら温かみを感じられそうです。

フロントジッパー

フロントジップ

フロント部分は、ジッパーとスナップの2段留めになっています。

ジッパーは滑りもよく、簡単に開け閉めできます。

スナップは、全部で5つ付いていて、しっかりと防寒することができるようになっています。

フロントジッパー

もちろん、フロントジッパーにも革紐が付いているので、開け閉めしやすいです。

よく見ると、ジッパーにもジムマスターの文字が書かれています。

これが、ちょっとかわいい感じで好印象です。

そして、リバーシブルなので、ジッププルは裏側でも使えるように上部側から反対側へ行くようになっています。

襟

襟は、約9cmの高さがあります。

素材は、全身を覆うボアと同じ物です。

この襟は、内側に折り返しになっているので、厚みがそこそこあります。

その為、内側もボア素材になり、厚みがある為直接首に当たりやすくなっていると思います。

それが、首元を暖かくし、防寒対策に一役買っています。

後ろ

後ろ

後ろ姿は、クレイジー柄とはいえ、そこまで派手さはなく思いの外シンプルに纏まっていると思いませんか?

右袖と左袖、襟と背中部分で、全て違う色を使っていますが、落ち着いた色を配色しているので、安っぽさもなくいい感じです。

マウンテンジャケット

マウンテンパーカー

裏返して、マウンテンジャケットにしてみます。

こちらは、ボアジャケット側とは違って、ボディの色がブラックになっています。

ボアジャケットとマウンテンジャケットで、同じクレイジー柄ですが、違った印象を受けます。

襟の中にパーカー

襟の中のフード

マウンテンジャケットといいいながら、実はフードが収納されています。

襟の中に収納されたフードを取り出したら、マウンテンジャケットからマウンテンパーカーに早変わり。

フードは、襟の内側に折りたたまれて収納されています。

ベルクロで留められた襟を開くと、中からナイロン素材のフードがでてきます。

マウンテンパーカーフード

ナイロンのフードを取り出すと、また違った雰囲気になりますよね。

しかも、ボア素材の襟はそのまま内側に残るので、暖かさは保たれたままです。

フード後ろ

後ろから見てみると、こんな感じです。

フードの大きさは、少し小さめですが、見た目はバッチリ!

このように、リバーシブルマウンテンジャケットは、リバーシブルでボアジャケットとマウンテンジェケット、そして襟とフードの組み合わせによって、マウンテンパーカーなど4通りのデザインを楽しむことが出来ます。

胸ポケット

マウンテンパーカー胸ポケット

マウンテンジャケットにしても、胸ポケットは使うことができます。

ボアジャケットの様に、大きなポケットのデザインにはなっていませんが、ちゃんとポケットとして機能します。

しかし、ボアジャケットの胸ポケットよりは、サイズが小さめです。

両サイドのポケットは、ボアジャケット側と同じく革紐のジッププルが付いたポケットです。

内側の素材もフリース素材で、どちら側も暖かく使えるものになっていました。

素材

ナイロン素材

マウンテンジャケットは、ナイロン素材です。

肌さわりはツルツルという感じではなく、ちょっとザラザラした感じ。

目の細かい帆布を触っているような肌さわりに感じました。

ブラウンのパンツに合わせてみた

ブラウンのパンツ

ワークマンのブラウンのパンツに合わせてみました。

ちょっと色的にはメリハリがない感じになってしまいましたね。

今回のジムマスターのリバーシブルマウンテンジャケットはXLサイズを選びました。

それがちょっと大きめに見えてしまいます。

身長が183cmですが、余裕を持って着るなら丁度良く、タイトに着たいならワンサイズ小さくてもいいかも知れません。

後ろ姿の写真は、フロントジップを開けた状態です。

後ろ姿は、締りがなく太ってい見えちゃいますね(笑)

マウンテンパーカーブラウンパンツ

マウンテンジャケットにして着てみると、こんな感じになりました。

ブラウンのパンツには、ブラックの配色が多いマウンテンジャケットの方が合いますよね。

LLサイズなので、下に重ね着をしても余裕があります。

デニムとコーデ

ボアデニム

デニムにボアジャケットを合わせてみました。

個人的には、デニムとボアジャケットって合うと思いますが、これってオジサン的な感覚なのかも知れません。

このようなデニムは、20代やそれ以下では、オジサンのイメージがあるので穿かないと、何かの記事で読みました。

なので、このコーデもオジサン向けになってしまいますね(笑)

しかも、若くて細いモデルさんではなく、小太りのオジサンがモデルになっているので親近感を持っていただけたら嬉しいです(笑)

マウンテンパーカーデニム

クレイジー柄のマウンテンパーカーでも、デニムに合うと思います。

しかも、柄が思っていたよりも派手ではなく、アウトドアにぴったりです。

今回はインナーにキルトのプルオーバーも着込んでいますが、まだまだ余裕がありました。

サイズが大きいと、ちょっとガタイもよく見えちゃいますが、冬キャンプなどできるなら、サイズに余裕が合ったほうが良いと思います。

gym master(ジムマスター)のリバーシブル マウンテンジャケット 仕様

素材・ボア部分 ポリエステル100%
素材・布帛部分 綿65~75%・ナイロン25~35% (色によって配合が違います)
サイズ  S / M / L / LL
 シーズン 春 / 秋 / 冬

まとめ

gym master(ジムマスター)のリバーシブル マウンテンジャケットのレビューでしたが、防寒着としてリーズナブルで良いと思いました。

今回の撮影中は、日中の気温が高くなって、リバーシブル マウンテンジャケットを着ていたら、すぐに暑くなってしまい長い間着ていることはできませんでした。

ボアジャケットを内側にしたり、首に当たるボアの襟などで、かなり防寒対策ができると感じました。

流行りのボアジャケットを表にすると、アウトドア感が増しますが、ダウンユースでも問題なく着ることができると思います。

ジムマスターのリバーシブルマウンテンジャケットは、アウトドアやタウンユースの防寒着として、比較的抑えめな価格で、しかもオシャレに着れます。

人気色はすぐに売り切れになってしまいますが、好みのサイズや色があれば、冬が来る前に準備しておくのも良いと思います。

 

su_spacer]

インナーにはキルトのプルオーバーはどう?

ドロップポケットマウンテンパーカーも良いですよ。

オーバーオールを着こなせるキャンパーになろう!


ファミリーキャンプランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

チャンネル登録お願いします!

 - キャンプ道具レビュー, ファッション, , , ,

テキストのコピーはできません。