キャンプに持って行くならdremeggの携帯扇風機がおすすめ!!~簡単レビューでわかりやすい?~

      2017/09/03


Pocket
LINEで送る

2+

夏キャンプには扇風機って必需品ですよね?

昨年書いたブログの記事に『暑い夏を快適に!キャンプ場にMY扇風機のすすめ』というのがあります。

その中で、おすすめの扇風機を紹介してあるのですが、実は密かに扇風機の種類を追加してあるんです。

今年の7月に追記した扇風機が、とても気になっていたので買ってみました。

扇風機なので、あまり深く掘り下げることはできませんが、ちょっとだけレビューします。

スポンサーリンク

dremegg 携帯扇風機

アマゾンでベストセラー1位になっている携帯扇風機。

USBから充電できるので、キャンプ場にモバイルバッテリーを持っていけば、電源の心配はありません。

アマゾンのレビューも良かったので、記事を書いてからかなり気になっていました。

値段も手頃なので買ってみました。


外箱はシンプルな感じで、高級感とかは全くありません(この値段で高級感を期待しちゃダメですよね(笑))

中身は、扇風機本体とベース台、充電コードが入っています。

充電コードは片側がUSBで、もう片方が本体に挿すマイクロUSBになっています。

本体にコードを挿し充電が始まると、本体のコードを挿した反対側のランプが赤く点滅します。

満充電されると、白色の点灯に変わります。

使用時間は弱で10時間、中で5時間、強で3時間になっています。

3段階に切り替え可能なモードは、本体にあるボタンを押すごとに切り替わります。

風力

多分、扇風機を購入する上で一番気になるのが風力だと思います。

暑いキャンプ場で風力が弱い扇風機は、全く役に立ちません。

僕がブログ内で、「風力が強いです」と、言っても実際はどの位の風力あるのかわかりづらいと思います。

そこで、僕が自作した扇風機風力計測器で、視覚的にわかりやすく?見てみたいと思います。

扇風機風力計測器には、約20cmのビニール紐を割いた物を2本くっつけてあります。

テーブルの上に扇風機から1m離して、扇風機風力計測器を置いてみます。

1m離れた場所にある扇風機風力計測器が、風を受ければセンサーが働きビニール紐が風になびく仕組みです。

テーブルの上に置いてあるメジャーは波打ってますが、おおよそ1mです(笑)

まず、弱モードです。

弱モードでは、かすかに風を感じているようでビニール紐は少しだけ揺れています。

1m離れた場所で、この結果なら良さそうですが、炎天下のキャンプ場では物足りなく感じそうです。

次に、中モードです。

中モードでは、そこそこ風を感じる事が出来そうです。

暑いキャンプ場で、メインに使うモードになりそうです。

次は強モードです。

強モードでは、風をかなり受け、扇風機風力計測器自体が動いてしまうくらい風力が強いです。

強モードは、こんなにも風が来るのかとびっくりしてしまうくらいの風量です。

ただ、連続使用時間が3時間なので、使い場所を考えないといけませんね。

そんな時には、モバイルバッテリーがあれば時間を気にせず使えて良いかもしれません。

扇風機を選ぶ時は、風量や連続使用時間が目安になると思います。

キャンプ場などのアウトドアで使う目的なら、風力は重要です。

炎天下で、微風は全く役に立ちません。。。

レビューがある物は、しっかり読んで評価が良さそうな物を選びたいですよね。

携帯扇風機は、比較的安いのでどれでもいいと思いがちですが、機種によって差があります。

失敗しないような、扇風機選びをしたいですね。

数ある携帯扇風機の中で、『dremegg 携帯扇風機』はおすすめです。

昨年書いたブログ記事はこちら。


登山・キャンプランキング

2+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - その他, キャンプ道具レビュー , ,