スノーピークのソフトクーラー18をレビュー~本当はシアトルスポーツが欲しかったのは内緒です・・・~

   


Pocket
LINEで送る

1+

運動会前に絶対に買っておきたかったのがソフトクーラーボックスです。

これがあれば、暑い日中にでも冷たい飲み物を飲む事が出来るんです。

中身がなくなったら、折りたたんでしまえばかさばらないから、とても便利です。

お盆や年末年始に里帰りする時も、ソフトクーラーボックスがあれば、お土産を入れておく事だってできます。

そしてソフトクーラーボックスの中で僕が欲しかったのは、シアトルスポーツのクーラーボックスです。

シアトルスポーツのソフトクーラーボックスは、おしゃれキャンパーさんにも人気があり、つい最近もキャンプブロガーの方も購入していました。

僕もシアトルスポーツのソフトクーラーボックスが欲しいと奥さんに相談してみたら、

「スノーピークが良い!」

って。。。話聞いてますか?。。。

でもそんな事は間違っても言えず、数日後にはスノーピークのソフトクーラーボックスが家に届きました。

スポンサーリンク

スノーピークのソフトクーラー 18をレビュー

スノーピーク ソフトクーラー18の外観はシンプルでおしゃれ!

はじめはもちろん折りたたまれた状態で届きました。

この大きさが、自分で使い終わった後に畳む大きさになります。

やっぱり、ハードのクーラーボックスと違ってかさばらないのが魅力です。


広げてみるとこんな感じです。

今回は容量が18ℓのものを購入したのでサイズは343×241×229mmと、少し小さめです。


ジッパーには紐が付いているので、無造作に引っ張っても指に引っかかり開けやすくなっています。


逆にジッパーを閉めるときに押さえるようにか、上の写真のような物が付いています。

そこを片手で押さえれば、ジッパーが閉めやすくなりますね。


スノーピークのソフトクーラーは、アメリカのシアトルスポーツが製造を担当しているOEM製品です。

そのためか、メイドインUSAのタグが付いています。

ショルダー取り付け部分のDリングは、使用していると回転してし舞うというレビューがありました。

しかし、改良されたのか分かりませんが、今回のソフトクーラーでは回転することはありませんでした。

スノーピーク ソフトクーラー18の内側は真っ白


ジッパーを開けて、ソフトクーラーの蓋の部分を持ち上げるとこんな感じです。

外側はサンドカラーで、内側はホワイトです。


断熱材にはアルミコーティングエアシェル内層材というものが使用されているようです。

そして外側には熱や衝撃に強いPVCナイロンを使用しています。

厚さはそれほどなく、約5mmぐらいです。

ソフトクーラーの蓋の蓋も作りは同じです。

特に保冷剤を入れておくポケットはありません。

スノーピークのソフトクーラー18には500mlペットボトルが何本入る?

スノーピークの商品ページには、ペットボトルが15本入っている写真があります。

試しに僕も同じようにペットボトルを15本入れてみたいと思います。

そこで買ってきたのが炭酸水です。


ダイエットしなければいけない僕は、カロリーが無いものじゃ無いといけません。

本当はお水でも良いのですが、ここは炭酸でお腹を膨らませると言うことで(笑)

では炭酸水のペットボトルを詰めていきます。


とりあえず隅から縦に3本。。。

あれ、ぴったり入りません。

今回買った炭酸水のペットボトルは、円柱型です。

四角柱のペットボトルと太さが違うかもしれません。

ソフトクーラーが少し広がりきってないように見えますが、これで結構キツキツなんです。

でも、そのままペットボトルを入れていきます。


このままだと13本しか入りませんでした。

しかも13本目を入れるのは、キツキツでした。

おかげで1本だけ下まで届いていないのか、出っ張ってしまっています。(微妙ですが)

まだソフトクーラーの本体が完全に広がりきってないのかも知れませんが、今の状態では13本しか入りませんでした。

もしかしてペットボトルの太さも関係あるかもです。


その次に、保冷剤を入れたらどうなのか試してみました。

先日購入した、ロゴスの『倍速凍結 氷点下パック』をソフトクーラーの底に置いてみます。

シンデレラフィットまではいきませんが、良い感じで収まりました。

今回は、少しソフトクーラーを広げながらペットボトルを入れていきます。

『倍速凍結 氷点下パック』をレビューしています。


あら、不思議!

今回は14本入りました。


ソフトクーラーの底にロゴスの保冷剤を置いてあるので、もちろん先ほどより少しペットボトルの頭が出ます。

しかしソフトクーラーの蓋にも高さがあるので問題なくジッパーは閉まりました。


念のため逆バージョン、ペットボトルの上に保冷剤を置くとこんな感じです。

この場合ももちろん蓋は閉まります。

もう少しソフトクーラーを使って入れば、こなれてきてペットボトル15本入るかもしれないですが、現状では14本でいっぱいいっぱいでした。

ソフトクーラーの見た目も、すでにパンパンだなとわかる感じでした。

これだと、ちょっとおしゃれ感は半減しちゃいますね。

保冷力は試していませんが、レビューで他の方々が仰っている通り1泊が限界だと思います。

ちなみに2ℓのペットボトルは高さが足りず入りませんでした。

まとめ

ソフトクーラーボックスがあれば本当に便利なんですよ。

ただソフトクーラーボックス1つだけでキャンプにはキツイと思います。

大きいクーラーボックスがあってプラス、ソフトクーラーボックスというのが理想ではないでしょうか。

キャンプにも、バーベキューにも、そして運動会にも。。。後お土産入れにも、ソフトクーラーボックス1つあればとても便利です。

容量はそれぞれにあった物を購入しましょうね。

でもやっぱり、OMEじゃなくてシアトルスポーツのソフトクーラーが欲しかった。。。


登山・キャンプランキング
1+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - BBQ・キッチン・調理道具, キャンプ道具レビュー