イージースモーカーと食材

BBQ・キッチン・調理道具 キャンプ道具レビュー

イージースモーカー燻製器をレビュー!簡単にスモークが楽しめると人気のアイテムでお手軽に燻製ができれば自宅でもキャンプ気分!【PR】

投稿日:

キャンプの醍醐味の1つに燻製を挙げる人も多いと思います。

燻製は、スモークで香り付けしますよね。

すると、どうしてもモクモクと煙が立ってしまいます

自宅でスモークをしようと思うと、煙たさやニオイで家族から敬遠される事もあります。

その為、屋外で楽しむキャンプでは、スモーク料理を思いっきり楽しめるチャンスなんです。

しかし、そうは言ってもキャンプに行く機会は、そうそうあるものではありません。

世の中には、大好物のスモークを我慢して日々過ごしている方もいらっしゃいますよね。

そんな方に、自宅で簡単にスモークができるイージースモーカーがおすすめです。

スモークをする為の道具は色々ありますが、中には手軽に使える物もあります。

しかしイージースモーカーなら、もっと簡単にスモークの香り付けができるスモーカーだと思います。

今回は、簡単に食材をスモーク風味にできるイージースモーカーをレビューしたいと思います。

イージースモーカーをレビュー

今使っているスモーカー

キャメロンズ

僕が今使っているスモーカーは、キャメロンズのミニスモーカーです。

これがコンパクトな上にIHに対応しているので、かなり手軽にスモークをする事ができちゃうんです。

蓋を開けて、1番下にチップを敷き、その上にトレーと網を置いて、食材を載せるだけなんです。

後は蓋を閉めてIHやコンロで加熱するだけ。

数十分まてば、スモークされた食材を美味しく食べる事ができちゃうんです。

ただ、コンパクトとは言え、サイズは27.9 x 17.8 x 7.6 cmあります。

使用後に洗ったりと、少しだけ手間が掛かる事もあります。

しかしイージースモーカーなら、もうちょっと手間が少なそうなんです。

イージースモーカー

イージースモーカー

イージースモーカーは、電池式のスモーカーです。

熱したスモークチップから出る煙を、モーターで送り出す仕組みになっています。

付属品

箱から取り出してみると、中身は本体とシリコンチューブ、交換用の金属メッシュ、そして洗浄ブラシがありました。

スモークをすると、どうしてもヤニが蓄積してしまうようです。

洗浄ブラシ

洗浄ブラシは、それを取り除く為に付属しています。

分解

自分で分解メンテナンスをする事で、動作不良などを防ぐ事ができます。

これは旧モデルでは、分解できなかったようです。

旧モデルでは、ヤニが蓄積してしまったら、動作不良味に雑味が出たりしてしまっていたようなんです。

本体

本体を見てみると、アルミ製のボディがシンプルで、自宅のキッチンやテーブルに置いても邪魔になりそうにありません。

もちろん、キャンプに持っていって、テーブルの上に置いても良さそうなデザインをしています。

金網

上部には、スモークチップを入れる受け皿があります。

受け皿の中は、金網が敷かれていました。

灰受け

その下に、受け皿の下を覆うようにあるのは、灰受けです。

旧モデルにはなかったようで、これでチップの燃えかすが内部へ侵入するのを防ぐようです。

送風ファンを覗く

本体を覗くと、中に送風ファンが見えます。

これが回って、スモークを送り込む仕組みのようです。

送風ファン

この本体部分も分解する事ができ、手入れが出来るようになっています。

電池入れ

本体底部には、電池を入れる場所があります。

電池は単三電池を2本使用し、アルカリでもマンガン電池でも良いようです。

スイッチ

本体の台の上部には、黒いスイッチがあります。

素材はプラスチックで、押し込む事で電源が入ります。

準備

シリコンチューブの取り付け

では早速スモークを始めたいと思います。

まずは、本体にシリコンチューブを取り付けます。

取り付けると言っても、本体にシリコンチューブを差し込むだけです。

シリコンチューブは、約25cmの長さがあるので、食材までの距離はできてしまいますが、逆に取り回しはしやすいと思います。

ウッドチップ投入

本体上部のウッドチップ投入口に、2〜3つまみのウッドチップを入れます。

これで電源を入れて、ウッドチップに火を点ければ、シリコンチューブからスモークが噴出されます。

後は食材の準備です。

準備した食材

今回は、サーモンとチーズ、うずらの卵を用意しました。

それらをお皿に並べてラップをしたり、ジップロックに入れてスモークしても良いので、手間はかかりません。

とりあえず、うずらの卵をジップロックに似たジッパー付きのビニール袋にいれました。

ジッパーは一部分だけ開けておき、そこにシリコンチューブを差し込みます。

ウッドチップに点火

次に本体の電源を入れファンを回します。

ライターでウッドチップに火を近づけると、空気が吸い込まれている為か、すぐに火が点きました

ジップロックから漏れる

 

ジッパー付きの袋の中はすぐにスモークが充満していきます。

少し経つと行き場を失ったスモークが、シリコンチューブを差し込んだ所から漏れ始めました

ジップロック

そこで本体の電源を切り、袋のジッパーを閉めておきます。

この状態で、約2〜3分放置しておけば完成です。

別売りの専用燻製ドーム

専用燻製ドーム

ジップロックやラップだけでも、スモークする事は出来るのですが、見た目重視で別売りの専用燻製ドームを購入しました。

専用燻製ドームは、透明な硬質メタクリル樹脂製(耐熱温度70度)で、シリコンチューブを差し込む煙封バルブが付いています。

サイズは、内径17cmと20cmの2種類があり、値段は同じになっています。

あっちゃん
値段が同じなら大きい方がいいでしょ!

という事で、内径20cmの専用燻製ドームを選びました。

ジップロックの代わりに、お皿などに並べた食材を専用燻製ドームで覆い、スモークします。

もうちょっとオシャレにスモークしようと思い考えたのが、カッティングボードに並べた食材の上に専用燻製ドームを被せる事です。

専用燻製ドームカッテイングボード

しかし、ドームのサイズが大き過ぎて、カッティングボードとの間に隙間が出来てしまいました。

これだと、スモークが漏れてしまうので使えません。

欲張って大きなサイズの専用燻製ドームを選んだのが間違いだったようです。。。

専用ドームでスモーク

専用燻製ドームより大きな平皿を用意し、そのにサーモンなどの食材を並べました。

食材が重なってしまうと、スモークされない場所もできてしまいそうなので、間隔を開けておきます(うずらだけは近くに置いてしまいました)。

電源を入れる

先程と同じように、イージースモーカーの電源を入れてから、新しくしたウッドチップにライターを近づけます。

すぐにウッドチップに点火し、みるみるうちに専用燻製ドーム内は白いスモークが充満してきました。

スモークが漏れる

ほんの数十秒で中の食材が見えなくなり、すぐにお皿との隙間や、ドームにシリコンチューブを差し込んだ所から、スモークが溢れでてきてしまいました。

あっちゃん
写真撮らなきゃ!!

と、ブログに掲載する写真を撮ろうとしている間に、予想以上のスモークが目の前を覆いました(笑)

電源を止め、急いで窓を開けて換気する事になってしまいました。

今回は、写真を撮る為に、電源を止めるのが遅れ、スモークが溢れて出てしまいましたが、普通に使う分なら大丈夫だと思います。

しかし、うっかりしてしまう事もあるので、家庭で使う場合は換気扇の下で行った方が良いかも知れません。

専用燻製ドームに入れた食材も、約2〜3分放置しておきます。

スモークが晴れてきた

すると時間が経つにつれ、スモークが下に溜まったのか、薄れたのか分かりませんが、何となく食材が見えてきました。

スモーク完成

蓋を開ける

約2〜3分放置し終わったので、専用燻製ドームを開けてみたいと思います。

ゆっくりとドームを持ち上げると、スモークがふわっと漏れ出してきました。

ドライアイスの舞台演出みたいで、ちょっと楽しいです。

スモークし終わった食材

食材は、ほんのり茶色の色が付いているようです。

お皿に面している部分は、スモークされずに元の素材のまま。

食材を取った後のお皿

食材をカッティングボードに移動させた後のお皿を見ると、スモーク跡がハッキリとわかりました。

チーズを裏返す

チーズを裏返してみると、色に大きな差があります。

スモークされていないチーズは、とても白っぽく見えました。

うずらの色

うずらの卵も、写真では分かりにくいのですが、色が付いています。(左の卵をひっくり返してあります)

うずらの袋

ジッパー付きのビニール袋を見てみると、袋の内側が茶色なっているのが良くわかりました。

サーモンの色の違いは、流石に分かりませんでした。

完成

スモークしたサーモン、チーズ、うずらの卵を食べてみました。

まずは、うずらの卵。

あっちゃん
うん、ちょっとスモーク。
奥さん
でも味しないね。。。

そうなんです。

イージースモークで簡単にスモークできるからと言って、下味をつけてなかったんです。

表面の水分は1日置いて取り除きましたが、その他は何もしてませんでした。

薄っすらスモークっぽい風味はしましたが、ほとんど味がしません

あっちゃん
麺つゆを付けたら大丈夫だよ。

と、スモークしたうずらの卵に、”ちょん”と麺つゆを付けてみましたが、やっぱりダメでした。

やっぱり前日から麺つゆに漬けておく必要があったようです。

しかしそれだと、簡単・お手軽とはちょっと違ってきちゃうかも。。。と、自問自答したりして。

スモークチーズ

チーズは、表面だけ色が付いていましたが、スモークの風味もちゃんとしました。

本格的なスモークチーズに比べたら、全く違うとは思いますが、ほんのりスモークっぽくなりました。

スモークが苦手な方も、こらなら大丈夫そうと思える感じです。

サーモン醤油

サーモンもチーズと同じように、スモークの風味がちゃんと付きました。

この後、醤油を付けて食べましたが、それでもスモークが打ち消される事なく、ちゃんとスモークサーモンの味がしました。

チーズもサーモンも、スモークの味が付き、美味しく食べる事ができました。

やっぱり残念なのが、うずらの卵です。

本当のスモークで、下準備が必要な食材は、イージースモーカーでも同じようにした方が良いのかもしれないです。

イージースモーカー スペック

サイズ 高さ11.5×幅5.0×奥行8.0cm
重量 190g(電池を含みません)
材質 アルミニウム、ポリカーボネート、亜鉛合金、シリコン
モーター出力 DC3V 0.6W
電源 単三電池2本(別売)

まとめ

イージースモーカーを使えば、簡単にスモークっぽい風味を食材に付ける事ができます。

今回のレビューで使った食材は、下準備をせず買ってすぐに使えそうなものを用意しました。

結果的には、サーモンとチーズは、イージースモーカーでちゃんとスモークの香り付けする事ができました。

本格的かと聞かれたら、返事に困ってしまうかも知れませんが、それでも雰囲気を楽しむのには良さそうです。

何しろ、準備が

そして簡単で使いやすいと言うのが、1番のメリットだと思います。

後片付けも、少しベタつく専用燻製ドームの中を洗うだけで、本体は10回に1回手入れをすれば良いようなので、かなり簡単です。(毎回ヤニを取れば長持ちしそうですよね)

コンパクトなので、キャンプに持って行っても良いかも知れません。

凄くお手軽にスモークが楽しめるイージースモーカー、気負いする事なくすぐに調理できるのでおすすめです。

 

その他にはこんな燻製器も。


ファミリーキャンプランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

0

関連広告

-BBQ・キッチン・調理道具, キャンプ道具レビュー
-,

テキストのコピーはできません。

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2020 All Rights Reserved.