日本最大級のキャンプフェス『GO OUT JAMBOREE 2017』は凄かった! 前編 ~大変です!おしゃれキャンパーさんが一杯です!!~

      2017/04/19


Pocket
LINEで送る

0

遂に、日本最大級のおしゃれキャンプフェスの『GO OUT JAMBOREE 2017』に行ってきました。

富士山の麓のキャンプ場『ふもとっぱら』で開催され、メインのライブ会場の『GO OUT STAGE』やライブハウスの『GO OUT HOUSE』ではアーティストが代わる代わる出演し熱い熱気に包まれます。

それと同時に、様々なアクティビティやワークショップ、フードエリアやテントの展示場、アウトドアメーカーのブースや自動車メーカーのブースなど回りきれないぐらいの数が会場内に色々あるんです。

『GO OUT』の雑誌を見た事のある人は、既にわかっていると思いますが、日本中のおしゃれキャンパーさん達が集まることでも有名ですよね。

そんな中、本当に行っちゃって大丈夫なのかなと言う不安が頭の中にありましたが、ここは参加というよりブログの取材というつもりで行こうと(笑)。

都合の良い言い訳を用意して、チケットを購入しちゃいました。

スポンサーリンク

GO OUT JAMBOREE 2017

入場

 

『GO OUT JAMBOREE 2017』は、4月14(金)〜16日(日)で開催されますが、前夜祭の金曜日は+1000円で15:00から入場できます。

入場は並ぶとの情報があったので、15:00前には到着したかったのですが、何と到着したのは16:00過ぎ。

順次入場しているみたいですが、それでも50台以上並んでいる列の後ろに。。。

そこから、チケットをリストバンドと交換する場所まで、移動してまた順番待ちです。

その移動開始後、大部分の車がハザードを点灯させはじめたので、前に習って僕もハザードを点灯させます。

暗黙のルールみたいなのがあるのかわかりませんが、取り敢えず周りに合わせました。

広告数枚とチキンラーメンが入った袋とリストバンドを貰ってから、車で入場ゲートから『ふもとっぱら』に入ります。

今回は、娘を連れてファミリーキャンプサイトのチケットを取りました。

同乗してきたのは友達と友達親子の2人、合わせて5人(大人3人子供2人)で今回の『GO OUT JAMBOREE 2017』に参加です。

ファミリーキャンプサイトでも通り沿いは、既におしゃれキャンパーさん達がテントを設営していました。

人通りがあり、目立つ所は人気があるようです。

人気の場所は空いていなかったので、僕たちはちょっと奥まった所を陣取りました。

途中、ぬかるんだ地面に車がスタッグするというハプニングも、近くのキャンパーさん達が駆け寄って来て助けていただきました。

やっぱりキャンプ好きには悪い人はいませんね。

設営

設営場所が決まり、ユドゥンを設営しました。

ぬかるんだ場所を避け、テントも向きなどを考えているうちに日がどんどん暮れてきます。

急いでユドゥンを設営し終えて、「あれはどこに置く?」「これはどこ?」なんて話しているうちに辺りはもう暗くなってしまいました。。。


タープの配置を考えたのですが、張ってみるとちょっと微妙。。。

あとの物は、急いでいたからもちろん適当に配置。

全くおしゃれになってないレイアウト。。。まあしょうがない(笑)

前夜祭の夜

テントの設営後、トイレに向かうと食べ物のお店が開いてるじゃありませんか!

『いやいや、初日から高い食べ物を買っていたら、お金が持たないな。。。』

なんて考えていましたが。。。娘にせがまされてフライドポテトを購入しちゃいました。

いや〜美味しかったです。。。写真は撮り忘れましたが(笑)高いだけあります!

フライドポテトのお店の他には、ケバブサンドと富山あおぞらカレーのお店。

野菜がたっぷり入ったケバブサンドは美味しそうでした。

そして、飲みたい飲みたいと思いつつ飲むことが出来なかったコーヒー屋さん。

『絶対美味しいんだろうな~』と、未だに後悔しています。

テントに戻り、軽く夕飯をすませると、テーブルの上には使用したお皿とコップが、散乱。。。

あっちゃん
明日片付ければ良いや。。。

という事で、生活感丸出しになってしまいました。

元々おしゃれに設営できなかったサイトが、より一層所帯じみていきます。。。

そんな中、近くでは前夜祭恒例の『持ち寄りBBQ』が開催されていました。

僕らは持ち寄る物がなかったので、遠くから見ているだけでしたが、凄く盛り上がっていました。

アフリカの民族音楽のようなリズムの太鼓の音。。。

「イエィーイ!」や「ワー!」などの歓声。。。

若者たちが盛り上がっています(おじさんも居たかもしれませんが。。。)

それにしても、朝霧高原の夜は寒い。。。

ニット帽にダウンジャケットを着込んでも寒い😨

吐く息は真っ白。

手も足も冷たくなってしまいました。

そして冷えた体を温めながら焚き火を囲み、いつも通りのゆったりとした時間が過ぎて行きます。。。

夜遅くまで、テントの灯りは消える事無く、みんな楽しんでいるようでした。

ゴーアウト 2017 本番

朝食

翌朝、寒さに震えながら目を覚ますと。周りのキャンパーさん達は既に活動開始していました。

僕たちも、少し遅れながらも朝食の準備開始です。

今回はハンバーガーにチャレンジ。

チャレンジと言っても、買って来たハンバーグを焼いただけなんですが(笑)


でもこれが超美味しかったです。

マクドナルドのような薄いパテではなく、分厚いお肉はとてもジューシーで食べ応えがありました。

簡単だし、定番になりそうな予感。

Kids Field

『GO OUT JAMBOREE 2017』の初日は、娘を連れてブースを見て回りました。

メインは子供がいるので、やはり『Kids Field』。

でも『Kids Field』行く途中にあった、バルーンの滑り台やトランポリンに目を奪われる我が娘。。。

「やりたい~やりたい~すべり台やりたい~」とせがむのです。

1回5分300円は高い。。。一体いくら使ったことか。。。

やっとのことでたどり着いた『Kids Field』。。。

積み木や、丸太飛びなどが楽しめるスペースがありました。

その隣には、『CHILL OUT FOREST』がありました。

そこでは、ファイスペイントのお店や、骨盤マッサージ、キャンドルの制作などを楽しめる所もありました。

なぜか、ジャグリングを楽しめるお店も。。。

でも、ここは子供達に大人気スポットでした。

『MARKET VILLAGE』では、ハンドメイドのワークショップが立ち並び、見ているだけで楽しかったです。

もちろん、ここでもお金を使うことになるのです。。。

娘が飛び込んだお店には、手作りのアクセサリーが。

花柄のブレスレットに一目散に駆け寄り「これ欲しーい」。

あっちゃん
ハイハイ。。。わかりました。。。


その後は、三菱自動車のエリアへ。

アウトドアイベントでよく見かける坂道を登る体験ができるものです。

自分で乗りたいって言った、娘の顔も少し引きつってました。


フォルスクワーゲンのブースは白いテントがおしゃれな感じ。

アンケートに答えると抽選で豪華プレゼントが頂けるとこのとで、コーヒーを頂きながらゆっくりと回答。

設置されていた『YOKA』のチェアに座りながら、アンケートに答えます。

優雅なひと時を過ごした後の抽選の結果は。。。フォルクスワーゲンの付箋でした。。。

 

GO OUT JAMBOREE 2017で見かけた おしゃれキャンパーさん達

『GO OUT JAMBOREE 2017』のメインステージに向かう通り沿いには(FUMOTOPPARA ROSD)、色々なブースが出店しています。

その通り以外の通路沿いには、おしゃれキャンパーさん達がテントを設営しています。

どれもこれも、おしゃれなので写真を撮っていたら多分撮りきれないと思います。

そんな理由を後付けしましたが、本当は楽しくて写真を撮るのを忘れていました。。。(取材のつもりだったのに。。。)

おしゃれキャンパーさん達の写真は、雑誌の『GO OUT』にお任せして、少しだけ写真を撮らせていただいたので紹介しますね。

自動車メーカーのブースが立ち並ぶ中、フォルクスワーゲンのブースの横には、フォルクスワーゲンのオーナー様のキャンプサイトが並んでいました。

みなさんオシャレで思わず写真を撮らせていただきました。

赤色で統一されたヴィンテージのキャンプ道具がとても目立っていました。

コールマンのダイヤモンドロゴのウォータージャグが3つ。

1個欲しいなんて思っちゃいました(笑)

そのほかにもクーラーボックスやヴィンテージランタン、ツーバーナーなどが並びオシャレ感満載でした。

オーナー様も気さくな感じでとても雰囲気が良かったです。


その隣には黄色(ベージュ)で統一した、こちらもオシャレなサイトがありました。

若いご夫婦で、こんなに色々揃えられて羨ましいです。


こちらのツーバーナーは黄色、ランタンも黄色(ベージュなのかな)。

このランタン、おしゃれですよね。

飾ってあるヴィンテージの道具1つ1つが、貴重な物だと思います。

上手く色を合わせて、集めてコーディネートするセンスは勉強になります。

メインのブースが立ち並ぶ通り(FUMOTOPPARA ROSD)から、1本中に入った細い通りにもおしゃれキャンパーさん達がいっぱいいます。

その中で目にとまったのがこちらのサイト。

思わず声を掛けちゃってご迷惑だったと思いますが、丁寧に色々教えていただきました。

お名前を聞くのを忘れちゃったのですが、優しそうな若いご夫婦でした。ありがとうございます。

ウッドとアイアンの調和のとれたサイトは、シックでオシャレでした。

他にもおしゃれなサイトはあったのですが、見て回った中でも、上手にまとまっているように感じました。

小物を飾っているラックは、コストコのシューズラックとのこと。

今はもう売っていませんが良い感じですよね。

ラック下段には、ピンクと水色のイギリスのヴィンテージオイルランプ。

ガス缶にはカバーをして、おしゃれ感をアップしています。


テーブルは、ナチュラムのオリジナルアウトドアブランド『ハイランダー』の新製品「ロールトップテーブル(ウッド)」。

販売後すぐに売り切れてしまう人気のテーブルです。

それを2台並べて広々と使っていました。

写真を撮るのを忘れてしましましたが、ウォータージャグにはリマのステンレスジャグを使用していました。

上の蓋から少し水漏れするようですが、見た目はとてもおしゃれ!

リマのステンレスジャグか、チャイサーバーにするか迷っている僕にはいいアドバイスを頂けました。

おしゃれに見せるためには、やはり生活感を出さないことが第一だと改めて感じました。

僕はすぐに散らかしてしまうので、結構大変です。。。

しかも、片付けるのが面倒くさい(笑)

人に見せるために、レイアウトや小物の配置など、よく考えないとダメなんですよね。

『GO OUT JAMBOREE 2017』に参加して、いろいろと刺激を受けました。

まだまだ、ブログに書ききれないことがあります。

続きは後編で。


登山・キャンプランキング

 

0

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - イベント , , , , , , , , , , ,