自然が子供を成長させる~なた と のこ~をレビュー

      2017/08/31


Pocket
LINEで送る

0

自然を見よ。そして自然が教える道をだどっていけ。

自然は絶えず子供を鍛える。

-ジャン・ジャック・ルソー(1712~1778)-

そんな言葉が頭をよぎったかは、別として、ただ単にキャンプ場に行って用意された薪を購入し焚火をする。。。

それでもいいけど、もう一歩自然に近くなるっていうのかな、自分で木を切ったり、割ったりしてみて、薪をつくる事を長男に経験させたくて購入したのが、

「冒険倶楽部 なたとのこ」です。

スポンサーリンク

冒険倶楽部 なたとのこ をレビュー

名前のまま なた と のこぎり がセットになって1つのケースに収まるようになっています。

P1030227

ケースにそのまま「なたとのこ」って書かれていますが、子供が使う分には、まあかわいらしい感じがします。

ケースに入っているため、使わないときは危なくないですよね。

しかもお手頃価格。

P1030225

刃物はちゃんと1丁ずつベルトで固定されてるため、何かの拍子に飛び出すってことがないと思います。

P1030217

手前に「のこぎり」で、奥に「なた」を収納します。

「なた」は、ボタンで留めるタイプのベルトです。

P1030134

このような「なた」と「のこ」が2丁入っています。

鞘はベルトに通せるようになっています。

P1030213

腰からぶら下げるだけで、気分があがりますね。

侍気分か、ガンマン気分かわからないですけど、大人の僕でも何かウキウキしてきちゃいます。

冒険倶楽部 なたとのこ の 「なた」のレビュー

全長350mmで、刃の長さが165mmあります。

P1030203

「なた」は、しっかりと重く、柄の部分にしっかり固定されてます。

刃は両刃なので、利き手を選ばずに使えそうですね。

P1030211

「樵人」という名が入ってますね。

ググったら 人【しょうじん】とは. 樵・木樵(きこり)の別名って出てきます。

なかなか渋い名が彫られてますね。

この「なた」を使って、実際にキャンプ場で太い薪を長男に割らせましたが、うまくいきません。。。

そこで・・・

「どれどれ」

手に軍手をはめながら、おもむろに「なた」を手に取りいとも簡単に薪を割る。。。

ここでパパが、かっこよく決めて良いところを見せれば、

「やっぱり、パパすごいねっ✨」

って、なるはずだったのに。。。

薪が硬かったのか、うまくいきませんでした。

しかも、何度も挑戦し手が痛い。

ごめん息子よ、ふがいない父で。。。

 

でも、細い枝などは全く問題なく使えました。

ちょっと悔しいので、刃の研ぎ方を勉強してから切れ味増した「なた」で、再戦を挑みたいと思っています。

冒険倶楽部 なたとのこ の 「のこ」のレビュー

全長340mm、刃の長さが180mm

P1030205

「なた」に比べれば、ずいぶん軽いですが取り回しが効き使いやすそうです。

これは文句なしに切れ味がよく、驚きました。

こんなに安いのに。。。コスパ最高!

いいね

●安いのに、なたのこぎりがセットになっていてお得

●ケースに入っていてしっかりとベルトで固定できるので安全

●のこぎりの切れ味はかなり良い

●持ち運びも、そこまでかさばらず良い

もうちょい

●ケースの表面に書かれた「冒険倶楽部 なたとのこ」の

文字がもう少し小さいか カッコイイデザインにして欲しかった

 

子供の初めての体験には、とても良いと思います。

よほどのことがない限り、買いなおすこともないと思いますので、このまま使い続けていきたいと思います。

あと、冒頭のルソーの言葉の最後に足したいです。

「大人もね」って。


人気ブログランキング

 

 

0

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - キャンプ道具レビュー, 焚き火・暖房器具 , , , , , , , ,