テント・タープ関連

ワンタッチタープで簡単設営。バーベキューには簡単タープがおすすめ!~パーティーシェードもおしゃれでいいよね~

更新日:

熱い日差しの中、デイキャンプやバーベキューをする時って、どうしても日陰が欲しいですよね。

キャンプに慣れたキャンパーさん達は、ヘキサ型のオープンタープなんかもすぐに設営できちゃうと思いますが、慣れてないとなかなか進まなくていい所をみせられません。

そんな時は、さっさっと簡単に設営できるワンタッチタープを使ってみてはどうでしょうか?

家族や友達と集まって、限られた時間の中で楽しみたいのに、タープを張ることに時間を取れてしまってはもったいないですよね。

スポンサーリンク

おすすめワンタッチタープ

FIELDOOR 組立て簡単!! スチール ワンタッチタープテント 3.0x3.0m

FIELDOOR

出典:Amazon

Amazonで売れ筋ランキングNo.1のFILDOORのワンタッチタープ。

似たような商品が多い中一番のおすすめです。

組み立ては簡単、大人2人で持ち上げて広げるだけ。

FIELDOOR1出典:Amazon

トップカバーは耐水圧2.728mmと十分な性能があります。

(目安として耐水圧1500mm以上あれば大雨でもOK)

しかもUVカットコーティングされている為、紫外線にも強い。

スチール製のフレームで強度と安定性を出していますが、その分重量は14kgと重たくなっています。

色は8色で展開しているので、好みによって選べるのでうれしいですね。

Coleman(コールマン) イージーキャノピーST II/220

coleman

出典:Amazon

サイズは約220×220cm。高さは227cmあります。

少し小さめな印象をうけます。

耐水圧は約1000mm。多少の雨なら大丈夫そう。

フレームはスチール製で強度はあります。

重量は8.4kgと少し重たいですね。

組み立てはワンタッチではなく、脚の部分4か所と天井部分のパーツをジョイントしたあとに、

シェードスキンをかぶせるようです。

キャプテンスタッグ クイックシェード

出典:Amazon

キャプテンスタッグのクイックシェード。

サイズはワイドな300×300cm。

5~6人で使用するのに最適です。

耐水圧1000mmに加えUV-PROTECTION加工されています。

天井部分にはベンチレーションが装備され、空気がこもらず快適に過ごせます。

収納バックにはキャスターが付いているので持ち運びもラクラクできます。

DOPPELGANGER OUTDOOR ワンタッチクレイジータープ

DOPPELGANGER

出典:Amazon

派手な色遣いのDOPPELGANGERのワンタッチタープ。

サイズ は220×220cmと少し小さめ。

高さは224cm~240cmまで3段階に調節可能です。

耐水圧は2000mmと十分な性能があります。

UVカットはUPF50+。

天井部分にはベンチレーションに加え、ランタンフックも装備されています。

設営はフレームを広げてテント生地をかぶせるだけで簡単です。

カラフルな色遣いは、どこでも目立っていいですね。

サイズが3m×3mの大きめなワンタッチリビングタープもあります。

しかもこのタープ、別売りの拡張テントを取り付ければ寝室テント、リビング・ダイニング、キッチンタープがある1LDKの快適空間ができちゃいます。

doppel1

出典:DOPPELGANGER

拡張テントは、2個3個と増やすことができ大人数でのキャンプなどに対応できます。

doppel2

出典:DOPPELGANGER

拡張テントは寝室としてだけではなく、荷物置きや休憩所としても使えます。

疲れたらちょっと腰を下ろして休んだり、小さな子供のお昼寝スペースとしてもいいですね。

doppel3

出典:DOPPELGANGER

耐水圧はアウターテントで1000mm 。

グラウンドシートで3000mm になっています。

サイズはクレイジータープ用なら230×250。

高さが176cm。3人用です。

大き目なワンタッチリビングタープ用なら

300×250cm。高さが190cmで5人用です。

購入の際はサイズを気を付けてください。

 

少し慣れたらコールマンのパーティーシェードがおすすめ

ポールでドーム状に自立するシェードはワンタッチではありませんが、比較的簡単に組み立てが出来て日陰も大きく、しかも、おしゃれ。

ワンタッチタープじゃなくても良いという方におすすめです。

コールマン タープ パーティーシェード/300

colemanpar

出典:

コールマンのパーティーシェードはポップな色使いでデザインもおしゃれ。

サイズは300×300cm。高さは210cm。

耐水圧は約1000mm。

組み立てはワンタッチではなく、4面のアーチ状のフレームをそれぞれはめてから、天井部分のフレームをジョイントしていきます。

その後に、シェードスキンをかぶせるという少し手間がかかる感じですね。

手間をかけた分、日陰になる有効面積も大きくて快適に過ごせそうです。

オプションでスクリーンタープのように使う事もできます。

ワンタッチタープ・シェードの弱点

ワンタッチタープもパーティーシェードも簡単に設営出来て場所も大きくとらないという長所がありますが、その反面弱点もあります。

ワンタッチタープもパーティーシェードも風に弱いのでしっかりペグを打つことを心がけておきましょう。

重量もフレームがある分重たくなります。

そして、収納時もコンパクトにはなならいので持ち運びは少し大変です。

まとめ

夏-まとめ

デイキャンプやBBQなど、時間に制限がある時はさっと設営できるワンタッチタープが便利です。

キャンプをするなら、ヘキサ型のオープンタープのような、コンパクトに収納できる物がおすすめです。

けれども、ドッペルギャンガーの製品のように、ワンタッチタープを利用しつつキャンプに対応出来るようなアイデアも楽しいですね。


登山・キャンプ ブログランキングへ

 

アイキャッチ画像 出典:DOPPELGANGER

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

5+

関連広告

-テント・タープ関連
-, , , , , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© あっちゃんの うちキャン , 2020 All Rights Reserved.