コールマンの2017新作テントは要チェック!~なかでもおすすめは、あの商品~

      2017/06/24


Pocket
LINEで送る

2+
あっちゃん
どうしようかなぁ~

 

最近、無性にダッチオーブンが欲しくてたまりません。

スキレットがあれば、ほとんどの料理が作れてしまうような気もするし。。。作れない気もする。。。

丸鶏の料理を作ってみたいけど、年に何回丸鶏を作るのか。。。なんて考えて、答えが出ません。

8インチ。。。小さいかな。。。??

10インチがちょうど良さそうだけど、欲しいメーカーのは10インチが無いし。

12インチじゃデカすぎるよなぁ~なんて、優柔不断爆発です(笑)

そんなこんなでスマホにかじりついていると友達が

コールマンの新作テント発売されてるよ!

 

って、衝撃的な言葉を発したんです!

コールマンの2017新作テントは、数日前にカタログを見た時からチョット気になっていました。

だって、サンドカラーでナチュラルテイストを取り入れたいい感じのテントなんですよ。

ダッチオーブンで悩んでいる場合じゃありませんでした!

。。。いや、まだまだ悩みます。。。

スポンサーリンク

タフドームシリーズ

ドームテント

タフドーム/240

タフドームシリーズの新作ドームテント2つ。

●家族2~3人で使用出来る『タフドーム/240』

2人がゆったり快適に寝ることが出来るスペースがあります。

簡単アシスト機能付きで、パパ1人でも設営できます。

出典:Amazon

コールマン タフドーム/240
サイズ:使用時 約240×240×160(h)cm
サイズ:収納時 約直径20×72cm
重量 約7.5kg
耐水圧:フライ 2000mm
耐水圧:フロア 2000mm
定員 2~3人

タフドーム/2725

●3~4人用の『タフドーム/2725』

これもまた、簡単アシスト機能付きで設営がスムーズに。

家族3人がゆったり快適に過ごすことのできるテントです。

 

出典:Amazon

コールマン タフドーム/2725
サイズ:使用時 約270×250×170(h)cm
サイズ:収納時 約直径22×75cm
重量 約8.5kg
耐水圧:フライ 2000mm
耐水圧:フロア 2000mm
定員 3~4人

2ルームテント、シェルター

タフスクリーン2ルームハウス

●定員4~5人用の『タフスクリーン2ルームハウス』

広々としたリビングスペースを有した2ルームテントです。

2ルームテントは、別途タープを購入しなくても快適に過ごすことが出来るので、おすすめです。

出典:Amazon

コールマン タフスクリーン2ルームハウス
サイズ:使用時 約320×230×170(h)cm
サイズ:収納時 約直径30×74cm
重量 約16kg
耐水圧:フライ 2000mm
耐水圧:フロア 2000mm
定員 4~5人

以前に2ルームテントおすすめしました。

 

タフスクリーンタープ/400

●ドームテントとの連結できる6面スクリーンの『タフスクリーンタープ/400』

テントと連結すればかなり大きなスペースを使うことが出来ます。

連結には場所を選ぶかもしれませんね。

出典:Amazon

それぞれ、使用用途に合わせて、色んな場面で活躍しそうです。

気になるテントばかりで、迷っちゃいますね。

でも僕の一押しは、『タフスクリーン2ルームハウス』!

使い勝手が良く、見栄えも良い!おすすめです。

そんな、タフドームシリーズの特徴はどうなっているのでしょう。

ちょっと見てみますね。

タフドームシリーズ特徴

タフドームシリーズは、ファミキャンパパや初心者にとても優しいんです。

その特徴をあげるとしたらこの5つ。

  • 1人でも設営可能
  • 高くて広い
  • 夏でも涼しい
  • 雨に強い
  • 風に強い

1人でも設営可能

出典:ナチュラム タフドーム/240

2017年モデルのタフシリーズには『アシストクリップ』が付いてきます。

『アシストクリップ』をポールに差し込むとクリップがしっかり固定されるんです。

これによって、テンションが無くなっても勝手にはずれちやうこともなく、設営をしっかりとサポートしてくれます。

高くて広い

出典:ナチュラム タフスクリーン2ルームハウス

大人が屈むことなく出入りでき、しかも中で立ったまま着替えが出来るようです。

では、実際の高さはどうなっているかと言うと。。。

『タフドーム/240』では設営時のインナーテント高さが160cm。

『タフドーム/2725』だと170cm。。。ん、微妙。。。かも。

それなら、『タフスクリーン2ルームハウス』なら?

『タフスクリーン2ルームハウス』のタープ部分の高さは215cmあるんです。

これなら、背の高い男の人でも屈まずに出入りし、着替えることができますね。

『タフスクリーンタープ/400』も210cmあります。

では、広さは。。。?

『タフドーム/240』だと使用時のサイズが約240×240cm。

『タフドーム/2725』なら約270×250cmですね。

従来のタフドーム/3025(グリーン)』は約300×250cmなので、それよりは少しコンパクトになっているようです。

そうは言っても、『タフドーム/240』は家族2~3人、『タフドーム/2725』は3~4人がゆったり寝られる広さになっています。

『タフスクリーン2ルームハウス』だと使用時のサイズが約540×340×215(h)cmとさらに大きくなります。

『タフスクリーンタープ/400』は単体で使用するとサイズが約400×360×210(h)cmです。

 

商品名 使用時サイズ 定員
タフドーム/240 約240×240×160(h)cm 2~3人用
タフドーム/2725 約270×250×170(h)cm 3~4人用
タフドーム/3025(グリーン) 約300×250×175(h)cm 4〜5人用
タフスクリーン2ルームハウス 約540×340×215(h)cm 4〜5人用
タフスクリーンタープ/400 約400×360×210(h)cm

 

夏でも涼しい

出典:ナチュラム タフスクリーン2ルームハウス

涼しい外気をテントの下にあるベンチレーションから取り入れて、テント内の暖まった空気を上部のベンチレーションから排出する『サークルベンチレーション』システムがインナー部分に採用されています。

これは、今までのタフシリーズでも搭載していて、夏のムレを防ぐなど快適な居住性を実現するものです。

雨に強い

フライの耐水圧は2000mm、そしてフロアの耐水圧も2000mmあります。

耐水圧は1500mmあれば強い雨でも大丈夫と言われてるので、これだけあれば安心して使うことが出来ますね。

これは新作テントだけではなく、タフドーム/3025(グリーン)なども同じです。

風に強い

メインポールがアルミ合金製になり、強風でもビクともしないようです。

例えば、おすすめの『タフスクリーン2ルームハウス』のメインポールの太さは約ø16mmあります。

ミドル、リアのポールもアルミ合金のø13mm、リッジは約ø11mm。

キャノピーはスチール製で約ø19mmあります。

風速はなんと20mにも耐えることが出来るようです。

 

コールマンの2017新作テントで気になったものを少し紹介しました。

たぶん、もうすぐ発売されると思います。

初心者の方や、テントの買い替えを考えている方は要チェックですね。

早めの購入で、みんなに差をつけましょう!

スタートパッケージには地面の湿気をシャットアウトするグランドシートと地面の凸凹を軽減するインナーシート付きになっています。


登山・キャンプ ブログランキングへ

 

2+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

関連コンテンツユニット

 - テント・タープ関連 , , , , , , , ,