ブルーリッジ風のチェア 買うか作るかどっちがいいの?

      2016/08/06

photo-1453038051026-a528ac2d5cf1


0

ロースタイルのおしゃれキャンパー御用達の このチェア

見た事ありますよね?

そう ブルーリッジチェアワークスの製品です

雑誌でも Instagramでも よく見かけますね

このチェアあれば 絶対オシャレさんの仲間入りですね

【Blue Ridge Chair Works】フェスティバルチェア With ボトルオープナーキャンプ/アウトドア/野外フェス/タモ/ブルーリッジ チェア ワークス/4548732863655/4548732863662/4548732863686/4548732863679/【RCP】

●使用時サイズ:71×41×60cm

●収納時サイズ:76×41×6.5cm

●重量:3.2kg

●材質:タモ

●耐荷重:135kg

ブルーリッジ チェア ワークスのこのチェア とても

オシャレなんですが 値段が少し高いんです。。。僕には。

上の写真のはボトルオープナーが付いているためか

一脚16800円。。。家族分揃えたら。。。恐ろしくなります

 

材質に硬いタモ材を使用しているからかな

そのおかげで 耐荷重135kgまで耐えられますね

テーブルも だいたい31000円。。。ん~高い

もともと 座面が低くて 腰が痛くなりそうだなと

敬遠していましたが 簡単に自作できると知り

興味がてらつくっちゃえと 材料を買い出し作り始めたのですが

背もたれにする 帆布が足りず 一時中断。

P1030502

 

座面部作りかけの写真

その間 ネットをみていると ブルーリッジチェアに

似ている商品がある事に気が付きました

スポンサーリンク

 

テントファクトリー

テントファクトリーの ウッドラインラウンジャー

●サイズ:幅66×奥行41.5×高さ61cm(座面高16-28cm)

●重量:2.9kg

●原産国:中国

●材質:構造部材:ハードウッド(ラッカー仕上げ),張地:ポリエステル(2枚張り)

●座面はかんたん取付式、コンパクトに収納可能

●収納時サイズ:幅78奥行45高さ9cm

この赤色が 一番安そうでしたが

見た目は ブルーリッジチェアワークスとほぼ

変わらないです

材質は何の木を使っているか不明ですね

横幅がブルーリッジワークスより 若干狭いですね

木部の色も ナチュラルと焦げ茶のブラウニーが

あり 多彩な色で展開しています

評価は あまりよくないですね

壊れやすいのかな。。。ネジが折れたというのを

見かけます

折れたらホームセンターで買い直せば使えるのかな。。。

見た目重視で良いかもです

ブルーリッジワークスの3分の1の値段で買えるのは

うれしいですね

キャンプテンスタッグ


キャプテンスタッグの CSクラシックス ロースタイル チェア

●組立サイズ(約):幅405×奥行630×高さ590mm

●収納サイズ(約):405×710×厚さ70mm

●座面の高さ(約):200mm

●重量(約):2.5kg

●耐荷重(約):70kg

●材質:天然木(表面加工:オイルステイン)、張り材:綿65%・ポリエステル35%

これも 天然木とあり 種類がわからないです

硬い木を使っていれば安心ですが。。。

ブルーリッジチェアワークスに比べ 横幅は

大分狭くなっています

耐荷重も70kgと大幅に少なくなっていますね

大人男の人なら 微妙なラインですね

評価はまだないようですが どうなんでしょう

安さは魅力的ですね

ドッペルギャンガー

ドッペルギャンガーウルトラタフアルミラウンジャー

●サイズ 外寸:(約)L555×W420×H650mm

●サイズ;座面高:(約)160-260mm

●収納サイズ (約)L720×W420×H50mm(※1)

●重量 (約)2.1kg

●材質 フレーム:アルミニウム

●材質 生地:1680Dオックスフォードポリエステル

●耐荷重量 150kg(測定値)
ドッペルギャンガーの ウルトラタフアルミラウンジャー

これは もはや木ではないのですが

見た目の形はおなじです

重さは今までの中では 一番軽いです

汚れも アルミなので拭けば さっと落とせます

さすが ドッペルギャンガー。

目の付け所が違いますね

ただそのアルミを使用することで せっかくの

良い雰囲気が微妙になっているような気もします

 ノースイーグル

ノースイーグルチェア セルフセットアップローチェア

●材質:フレーム/アルミ合金、シート/600Dポリエステル

●本体サイズ:約42×62×26.5/62cm

●収納サイズ:約42×77×7.5cm

●重量:約2kg

ブルーリッジチェアワークスに比べ横幅は狭く

なっていますね

材質はアルミですね。丈夫そうな気はしますが

雰囲気がちょっとね。。。

ブルーリッジチェアワークス風のイスの自作、どうしようかな

自作しようと思っていた ブルーリッジチェアワークス風のイス

の材料費なんだかんだで 2千円超えているんです

約180cmの長さの木材が5本に 帆布 ネジ。。。

DIYで選んだ木材の強度なんてたかが知れてるので

手間を考えたら 上記で紹介したブルーリッジチェアワークス風

のイスを 買った方が良いような気がしてきました。。。

木材をやすり掛けしたり 塗装したり

結構大変なんです

 

興味本位で作り始めた このチェアを作り続けるべきか。。。

紹介したチェアを買ってみるか

それとも 買った材料を使用しつつ 違うチェアに移行するか。。

なやみどころです。。。

 

悩んでいる最中に 実は サンドチェアを無性に作りたくなって

きちゃいました。

これは難しそう。。。


人気ブログランキング

 

 

0

スポンサーリンク

 - チェア , , , , ,